「日本史の謎は「地形」で解ける」竹村 公太郎

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)

【私の評価】★★★★☆(86点)


■土木屋さんが「地形」から
 歴史の謎を読み解くという本。


 いきなりモンゴルの元寇は
 なぜ失敗したのか、
 への答えに固まりました。


 それは、日本にはモンゴル軍が
 牛車と騎馬を使う平らな大地が
 なかったからというのです。


 確かに日本は、泥の平地と
 山間部しかありません。


・牛車群と騎馬軍団が活躍できるのは、
 縦横無尽に走り回る大地があっての話だ。・・
 牛車群のモンゴル軍が進撃する
 乾いた大地など日本にはなかった

 日本にはむかるんだ「泥」の土地が
 広がっているだけだった(p89)


■関東の治水の歴史も
 おもしろい。


 徳川家は関東に広がる湿地帯を
 活用するために堤防を作ります。


 そして、その堤防周辺に
 人を集めるために吉原を移転し、
 桜を植えたというのです。


 人が集まれば、堤防を踏み固め、
 維持管理が容易になるわけです。


・幕府にはどうしても吉原遊郭を
 日本堤へ移転させたい理由があった・・
 江戸市民が知らず知らずのうちに
 河川管理者になり、日本堤を強化し、
 監視していたのだ・・・
 対岸の墨田堤でも人々が振わうための
 仕掛け
がなされた。8代将軍・吉宗は
 墨田堤の両脇に桜を植えさせた(p238)


■驚きの連続でした。


 地形だけでこれだけ歴史を
 読み解くことができるとは。


 学問とはこうした面白さが
 人を引き付けるのでしょう。


 竹村さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・忠臣蔵は不思議な謎に包まれた劇なのだ・・
 この劇の第一幕の動機がわかっていない・・
 この物語の最終幕も謎に包まれている・・
 最終幕の演目は「吉良家の滅亡」なのだ(p143)


・欧米列強が植民地支配する手法は、
 常に「Divide and Rule(分割統治)」であった。
 その土地の人々の分裂を広げ、
 人々の一体感を裂くことである・・
 英国は、薩長の倒幕を支援し、
 フランスは幕府の武力抗戦を支援した(p276)


・世界史の中でも、奈良は奇跡の都市である。
 1000年以上前の飛鳥時代の壁画が鮮やかに
 残されており、世界最古の木造建築群の
 法隆寺や大仏が建っている。さらに、
 校倉造りの木造倉庫・正倉院も・・
 シルクロードの宝物が収納されている(p298)


・徳川家康は関西の山地荒廃を目の当たりにしていた・・
 1590年に家康は秀吉によって江戸へ移封されたが、
 そこで見たものは日本一の利根川流域の
 手つかずの森林であった・・
 これが「なぜ、家康が江戸へ戻ったのか?」
 の問いに対するエネルギーの観点からの
 答えである(p374)


日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)
竹村 公太郎
PHP研究所 (2013-10-03)
売り上げランキング: 30,184

【私の評価】★★★★☆(86点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に戻ったか
第2章 なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか
第3章 なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか
第4章 元寇が失敗に終わった本当の理由とは何か
第5章 半蔵門は本当に裏門だったのか
第6章 赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか
第7章 なぜ徳川幕府は吉良家を抹殺したか
第8章 四十七士はなぜ泉岳寺に埋葬されたか
第9章 なぜ家康は江戸入り直後に小名木川を造ったか
第10章 江戸100万人の飲み水をなぜ確保できたか
第11章 なぜ吉原遊郭は移転したのか
第12章 実質的な最後の「征夷大将軍」は誰か
第13章 なぜ江戸無血開戦が実現したか
第14章 なぜ京都が都になったか
第15章 日本文明を生んだ奈良は、なぜ衰退したか
第16章 なぜ大阪には緑の空間が少ないか
第17章 脆弱な土地・福岡はなぜ巨大都市となったか
第18章 「二つの遷都」はなぜ行われたか



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む