「世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる」久賀谷 亮

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる

【私の評価】★★☆☆☆68点)


■アメリカでは瞑想を活用した
 精神医療があるらしい。


 つまり、瞑想でうつ病や
 ストレスの緩和が期待できるのです。


 座禅なんかも効果ありそうですね。


 久賀谷さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ボディスキャン・・
 1 横たわって、呼吸に注意を向ける
 2 左足のつま先に注意を向ける
 3 身体をスキャン・・(p33)


・「何もしない」を練習する・・
 脳を休息させたかったら、
 まずはいまここにいる状態を
 体得しなければならない(p85)


・マインドフルな脳の状態というのは、
 いわば子どもや動物の心に近いと
 いえるかもしれんな(p85)


・食事瞑想・・
 「食べている感覚に注意を向けろ」(p94)


・幸福度を高めた因子は、
 健康の度合いなどよりはむしろ、
 人との良好で安定したつながりだったそうじゃ・・
 これまで疎遠になった人に連絡を取る・・(p194)


【私の評価】★★☆☆☆68点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

[Lecture 0] 先端脳科学が注目する「脳の休め方」
[Lecture 1] 「疲れない心」を科学的につくるには? ― 脳科学と瞑想のあいだ
[Lecture 2] 「疲れやすい人」の脳の習慣 ― 「いま」から目をそらさない
[Lecture 3] 「自動操縦」が脳を疲弊させる ― 集中力を高める方法
[Lecture 4] 脳を洗浄する「睡眠」×「瞑想」 ― やさしさのメッタ
[Lecture 5] 扁桃体は抑えつけるな! ― 疲れをため込まない「不安解消法」
[Lecture 6] さよなら、モンキーマインド ― こうして雑念は消える
[Lecture 7] 「怒りと疲れ」の意外な関係性 ― 「緊急モード」の脳科学
[Lecture 8] レジリエンスの脳科学 ― 瞑想が「折れない心」をつくる
[Lecture 9] 脳から体を治す ― 副交感神経トレーニング
[Lecture 10] 脳には脳の休め方がある ― 人と組織に必要な「やさしさ」



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む