「なぜ、あの店は生ビールが120円でも儲かるのか?」鬼頭 誠司

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、あの店は生ビールが120円でも儲かるのか?

【私の評価】★★★★★(95点)


■飲食店のコンサルティングを通じて、
 外食チェーンオーナーが娘を
 後継者として育成する一冊です。


 小説形式なので
 コンサルティングの現場で何が起こるのかが、
 よくわかりました。


 技術やアイデアも大事なのですが、
 もっとも課題となるのは、
 そこで働いている人との
 人間関係が大事なのです。


・「何で新人アルバイトの提案で
  俺らが動かないといけないんですか?」
 気付いてしまえば、単純な構図だった(p35)


■お店の業績が悪いのには、
 理由があるのです。


 技術的に考えれば、
 メニューや店舗形態を工夫し、
 5Sを徹底し、
 サービスを改善すればいい。


 問題はそれを実行する従業員が一体となり、
 職場風土を変えることができるのか、
 ということなのでしょう。


・リーダーはまず、このOKラインを
 スタッフ全員に示さなければなりません・・
 毎日言い続け、示し続けることで
 だんだん出来上がっていくのです。
 こうなってくると自然に
 「ここまでするのが当たり前」という
 癖が付きます(p47)


■「事を為すには、まず敵を減らすことだ」
 と言われますが、
 事を為そうとすると、敵が現れるのです。


 アイデアも大切だし、
 企業理念も大事だし、
 リーダーの人間力も重要だと
 わかりました。


 鬼頭さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・飲食店は小さな箱の中に販売店と物作り職人が
 混在する独特な空間です。その文化には人種が 
 違うと言ってもいいくらいの隔たりがあります。・・
 職人さんの努力に敬意を払いながら、
 上手くリードするテクニックが必要なのです(p191)


・改善するにも改悪を止めるにも
 大切なのはスピード・・迷った時には
 一番良かった時に戻せばいい
のです(p137)


・オリエンテーションに必要なツールやカリキュラム・・
 教える人によってブレることがないよう、
 オリエンテーションブックを用意しましょう(p139)


・「味付けは素晴らしい。ただ、素材がいまいちじゃない?」
 「少しあしらいを工夫したらお金をとれると思う。
  美味しいからもったいない」
 →このように言い回しを変えるだけで
  否定が肯定に聞こえる(p184)


・社長は今後この会社をどうしたいんですか
 例えば1年後、5年後、10年後にどうなっているのが
 理想なんですか?」(p90)


・この先本当に必要なのは技術や知識ではない。
 それを持ち合わせている人たちに
 "なぜやるのか"という意味を説き、
 "こちらに向かう"という方向を
 示していくことがお前たちの役目だ(p260)


なぜ、あの店は生ビールが120円でも儲かるのか?
鬼頭 誠司
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 5,091

【私の評価】★★★★★(95点)


■目次

プロローグ
 入社試験は「大学4年間で7つ店舗再生のミッションをクリアすること」
ミッション1
どうしても目標売り上げを達成できない店を救え
 ~月商を2割アップさせる方法~
ミッション2
繁盛しているのに利益が出ない店を救え
 ~原価と人件費を下げる方法~
ミッション3
経営体制の変更で凋落した伝説の繁盛店を復活させよ
 ~スタッフの心を一つにまとめる方法~
ミッション4
頑固な職人を意識改革して瀬戸際の老舗居酒屋を救え
 ~職場の人間関係を円滑にする方法~
ミッション5
リニューアルに失敗した店を立て直せ
 ~新規オープンを成功させる方法~
ミッション6
繁盛している店を多店舗展開せよ
 ~業務拡大を成功させる方法~
エピローグ 門出

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 日本最大の法律問題が登場した
第2章 損害とは何か
第3章 東京電力は「有罪」確定か
第4章 法律的検討をする
第5章 賠償の実際を考える
第6章 福島の教訓を考える


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む