「覚悟の磨き方」吉田松陰、編訳:池田貴将

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

【私の評価】★★★★★(94点)


■本書を編訳した池田貴将さんの
 仙台チャリティー講演会に参加したので購入。


 吉田松陰のことは、
 本を読んで知識として知っていましたが、


  どうして、たった2年間の松下村塾から
  多くの指導者が育ったのか


  どうして牢獄で、多くの人が、
  吉田松陰に傾倒したのか。


 この本で、その答えが理解できました。


 150年前にここまで大きな志と
 思想が進んでいたとは驚きました。


私は何千年という未来にかかわる仕事をしています
 それに比べたら、出世とか成功なんて、
 この身ひとつにかかわるだけの、ほんのささいな出来事です。
 死んだって、泣く価値もありません(p138)


■人には「才能」がありますが、
 「才能」はあくまでも道具。


 根本的な部分として、
 「自分の人生で何をなしたいのか」
 というものがなければならないのです。


 そのために、自分に才能があれば活かせばいい。


 才能が足りないのなら、 
 人に助けてもらえばいい。


 大事なのは、
 何を成したいのかという
 志
ということです。


・人は「なんのために生きているのか」で決まるのです。
 心に決めた目標のない人間は、
 もはや「人間」とは呼びません。
 もし思い出せないなら、
 今すぐ思い出す時間を作るべきです(p125)


■日本がここまでになったのは、
 吉田松陰をはじめとした志を持った
 先人がいたからなのだ、


 そして、
 こうした人が存在する日本という国家として、
 日本も捨てたものではないと感じました。


 チャリティ講演会も楽しめました。


 池田さん、 
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


いかに素早く一歩目を踏み出せるか
 いかに多くの問題点に気づけるか。
 いかに丁寧に改善できるか。・・・
 大切なのは、不安をなくすことではない。
 いかに早く、多くの失敗を重ねることがでいるか(p26)


・この肉体は自分、かつ一時的なものであり、
 この心は宇宙、かつ永遠のものである。
 というのが私の考え方です(p53)


・行動を積み重ねましょう。
 必要な知識や言葉は、
 やっているうちに身につきます(p58)


・「自分にできることはなんだろう?
 自分が属しているものはすべて、
 自分自身の問題として向き合うべきです(p79)


・自分の信念を貫こうとすれば、
 どうしても「極端だ」と言われてしまうものです。
 でもまわりから「極端だ」と言われるくらいじゃなければ、
 この濁った世の中に、"新しいもの"なんて
 生み出せないでしょう(p126)


・人が自分のために動いてくれないのは、
 自分が人のために動いていないからです。
 周囲に想いが伝わらないのは、
 そもそも自分の志が浅いからです(p152)


・本物になるまで二十年。
 ただ、愚直に動いていればいい。
 今がどんな境遇だったとしても、愚直に動いていれば、
 いつか大きな花が咲くことでしょう(p156)


・本を開いてみれば、その瞬間、
 人生が変わるかもしれません。
 本にはそんな可能性を持った言葉が
 無数に転がっています。(p176)


・自信をもって好きなことは好き、
 嫌いなことは嫌いだと言えばいい

 そうすれば、まわりの人が入れ替わって、
 新しい友が次々と加わり、
 「事を成し遂げる空気」が生まれるはずである(p196)


・途中でやめれば、すべてが無駄になります。
 だから、今日死んでも悔いを残さないよう、
 死ぬまで前に進み続けるしかありません(p228)


・今この世界を残すために、
 自分の命を差し出した人たちがいます。
 彼らはなんのために命を捧げようと考えたのでしょうか。
 私たちは考えなければいけません。
 今のこの世界は、
 彼らが思い望んだ未来になっているのでしょうか。
 その答えは、私たちの生き方でしめすしかありません(p240)


覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)

サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 216

【私の評価】★★★★★(94点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む