「愛と幻想のファシズム」村上 龍

| このエントリーをはてなブックマークに追加
愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)
村上 龍
講談社
売り上げランキング: 17978


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


■この本のストーリーは、
 ドル暴落から世界恐慌が起こり、
 米国は日本のドル債権を凍結。

 その後、
 輸入規制などによりブロック経済化がおこり、
 外貨逃避により日本円が大暴落。

 日本経済は崩壊します。

 そうした中、極左と極右グループが
 日本国内で活動を活発化させるものの
 実はその裏ではアメリカCIAが動いていた・・・。


・混乱が起きればいい、それも早く、
 いろんな混乱が起きた方がいいんだ、
 ゼネストも自衛隊の治安出動も、内乱状態が生じて、
 左翼政権ができて、大失敗をして、国民が心の底から
 絶望したときに、俺が出ていく(上p152)


■この本では、
 中国はまだ近代化できず、
 ソ連も存在しています。

 恐慌におちいる日本と、
 実際に崩壊したソ連経済(ロシア連邦)を入れ替えると
 ストーリーが合っているのかもしれません。


・そう遠くない将来、我々は国際通貨に関しての
 議題を提出するつもりだ。ECU(欧州通貨ユニット)や
 SDR(特別引出権)などとも性質を異にした新しい通貨制度を
 我々は検討中であり、それは『信用』を基にしたきわめて
 安定度の高いものである(上p160)


■小説としては、
 話に引き込まれにくかったので、

 「この本はバブルのピークである
  1987年に書かれた」
 
 ということを味わいながら読む本だと思いました。


 村上さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・世界経済が、つまり通貨が、一挙に崩壊してしまえば、
 支配権を握るのは、原料を含めた資源・エネルギーだ。
 農業の近代化に失敗した中国は大量の飼料をアメリカに
 頼らざるを得なくなった(下p33)


・ヒトラーは実に細かいところまで考えています・・・
 教育では当然原住民に高等教育をしない、
 学校教育は有料にして、ぜいぜい交通標識が
 わかるようになればいいなんて言っているんです。(上p139)


・アメリカは占領が下手だった、アメリカにも占領された経験が
 なかったからだ、・・・しかしソ連はそんなことじゃすまないぞ、
 あれほど占領のうまい国はない、気付いた時にはもう遅いんだ(下p20)


・「我々先進諸国の人間が浪費する食糧の半分を分け与えれば、
 アフリカの飢饉が救える、・・・
 私達は常に食糧の自給率を上げよと訴えてきたのです」
 「・・・食糧自給率というのならまずあなたその手に持っている
 マイクロレコーダーを捨てて百姓になりなさい、(上p228)


愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)
村上 龍
講談社
売り上げランキング: 17978


【私の評価】★★☆☆☆(69点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)