「会話がとぎれない!話し方66のルール」野口 敏

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■接客のプロである野口さんが教えてくれる
 会話のテクニックです。


 女性の接客が多かったようで、
 感情に配慮した会話テクニックが
 中心となっています。


■やはり、話をするなら、
 相手の感情に焦点を当てることで、
 話がより深いところでできるようになるようです。


 これは特に女性においては、
 とても大切なことではないでしょうか。


・「会社をやめたい」と言われたら・・・
 そこにある気持ちに焦点をあてます。たとえば、
 「やめたいくらい嫌なことがあったの?」
 「しんどいの?」(p27)


■同じように話を広げるなら、
 性格がわかるようなエピソードが
 よいようです。


 自分のエピソードを話せば、
 自己開示になるし、そこから
 相手の人柄もかわかってくるというものです。


・話題の広げ方・・・
 性格、人柄がわかるエピソードを話す・・引き出す・・・
 「旅行の話」では「何分前に集合場所に到着する?」(p71)


■会話というのは、万人が知っておくべき技術ですので、
 こうした本をまったく読んだことのない人は、
 一度読んでみてはどうでしょうか。


 本の評価としては★3つとしました。
 良い本をありがとうございます。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「お忙しいですか?」より「お忙しいのでしょうね」、
 「寒かったですか?」と言うよりも、「寒かったでしょう」
 と言ったほうが、会話がスムーズにはじまるでしょう(p106)


一人ひとりにアイコンタクトをとって、
 一人ひとりの話にうなずいて反応
してあげてください。
 彼らは自分が受け容れられたと感じたら、
 あなたを受け容れてくれます。(p206)


名前を覚えることが相手を大切にすることであり、
 相手に喜んでもらえることであることを強く意識することです。
 ・・・相手の顔を思い浮かべて、名前と一致させるイメージ
 トレーニングを何回もします(p217)


・「それはおかしいよ?」と否定しない・・・
 「あなたは・・・なのですね」という言い方・・・
 「あなたはデート代を半々にしたいのですね」(p227)


▼引用は、この本からです。

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
野口 敏
すばる舎
売り上げランキング: 265

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■著者紹介・・・野口 敏(のぐち さとし)

 1959年生まれ。きもの専門店に入社。
 1万人以上の女性に接客し、コミュニケーション方法を確立。
 コミュニケーションスクール「TALK&トーク」を開校。
 現在、(株)グッドコミュニケーション代表取締役。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む