「手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術」大坪 勇二

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術

【私の評価】★★★★★(95点)


■ソニー生命のフルコミッション営業で
 月収1600円から1700万円超を経験した
 大坪さんの一冊です。


 ポイントは大量行動を起こさせる
 仕組み作りでした。


■まず、はじめは弱者の戦略として
 局地戦でシェア・ナンバーワンを目指します。
 ランチェスター戦略ですね。


 そして、大量行動の仕組みとして
 一日を4分割し、それを月曜から木曜で
 16コマをお客様との面談枠として設定します。


 あとは、16コマを面談で
 埋めていくだけです。


・月曜~木曜に4×4=16の「聖域時間」を作る・・・
 「聖域時間」とはコア業務を行う時間です。
 営業マンにとって最も生産性の高い仕事=コア業務とは、
 お客様と面談することです。(p75)


■見込み客へのニュースレター、
 お客を紹介してくれるキーマン作り、
 ランチは人と食べるなど、
 基本的なところはすべて押さえてあります。


 これらをしっかり実行していく
 仕組みがポイントなのでしょう。


・ひとりメシ禁止令・・・
 ランチは必ず誰かと食べなければいけない(p105)


■私の「夢をかなえる一日一冊手帳術

 とも共通点が多いのですが、
 私の手帳はまだまだ改善点があると
 わかりました。


 この本を参考に、
 手帳と習慣を再構築します。


 営業に特化していますので、
 営業マンなら必読の一冊です。
 本の評価としては★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「センス」や「人間力」という実体のよくわからない
 能力よりも、お客様と何回顔を合わせたか、何回電話で
 話したか、というような身も蓋もないほどの具体的な行動
 のほうがはるかに多くの意味があります(p15)


・先輩に、「なぜキーマンを作ることができるんですか?」
 と聞きました。すると先輩は「そんなの簡単だよ。キーマン
 になってくださいって頼めばいいんだよ」といったのです(p50)


・成功した理由は、大量行動したことにあるからです。
 ・・・そしてもう1つの理由は、同時に実行したことです。
 ・・・すべての作戦を同時に実行に移すべきです。(p64)


・10年間で2800冊の本を読み、300件以上の
 セミナーに参加しました。(p212)


▼引用は、この本からです。

手取り1655円が1850万円になった営業マンが明かす月収1万倍仕事術
大坪 勇二
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 378
おすすめ度の平均: 4.5
4 参考になった点は
3 具体的だが営業職の方向け
5 保険営業マン必見
4 意外と参考になりました
5 誰にでもできる、そして、簡単。

【私の評価】★★★★★(95点)

■著者紹介・・・大坪 勇二(おおつぼ ゆうじ)

 1964年生まれ。
 新日鉄に9年間経理マンとして勤務。
 ソニー生命のフルコミッション営業に転職し、
 34歳のときに手取り月収が1600円となる。
 その後、成功者を訪ね、ノウハウを学び、
 アレンジして実践した結果、
 半年で月収が1000万円を突破。
 2008年キーストーンファイナンシャルを設立。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

収入・成績アップや、モチベーション維持のツールがよかったです。

ツールも簡単で、しかもお金のかからない方法なので、非常に取り掛かりやすいと思いました。

スランプに陥ったときのための脱出法も載っていて、かなり親切な本だと思いました。

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む