「いま自分のために何ができるか」新渡戸稲造

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

いま自分のために何ができるか (知的生きかた文庫)

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)94点


●この本は、5000円札の新渡戸稲造先生の
 「修養」という本を読みやすくしたものです。

 
 明治の時代にすでに
 このような完成度の高い本があったとは驚きです。


 ・ゆえに希望なき者は、いかに若年であっても、
  片足を棺桶に踏み込んでいるのと同じようなもので、
  希望さえあれば、三十になっても、六十になっても
  すなわち青年というべきである。(p12)


●社会人として生きていくうえで大切なことが、
 ボロボロと出てくるといった印象です。


 ・必要もないのに頑固にいいはることは感服できないが、
  世の人と笑い興じているときにも、
  つねに限度を重んじ、「ここまではよろしい、
  いくらはいってきてもよい、しかしここから先は許さぬ、
  一歩でもこのなかを侵したら承知せぬぞ」という、
  強いところがなくてはならない。
  死力をつくして守るべき領分を忘れてはならない。(p25)


●「ここから先は許さぬ」という領域については、
 私も今悩んでいます。


 つまり、自分の方針、ポリシーを明確にして、
 それを行動でちゃんとあらわしていく。


 特に仕事においては、
 ここだけは譲れないというものがあるはずで、
 その確立に悩んでいるのです。


 ・人が順境にいるときは、順境の誘惑が出てくる。
  このために、自分は逆境にいるぞと
  覚悟していたときよりも、
  かえって不幸に陥ることがままある。(p191)


●順調なときが一番危ない、
 逆境のときが一番成長しているということですね。


 ・ちょっと見るとなんでもないが、
  ただ少しやりにくいところがあるくらいのことを、
  くりかえして行なうのがよい。
  行なっているうちに、継続ということが習慣となり、
  一事に達したものが他にも応用されると思う。(p46)


●習慣の大切さも押さえている!
 恐るべし新渡戸稲造先生というところでしょうか。


●新渡戸稲造先生の本では英文で日本の思想を伝えた「武士道」が有名ですが、
 私はこちらの「修養」のほうが新渡戸先生の
 成功のノウハウが満載されているのでお勧めします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・書物にばかりに頼らずに、もう少し耳の学問もしてほしい。
  そうすれば書物を読んでもおもしろくなる。
  読書などということは、義理ではよく読めるものではない。
  興味をもっておもしろく読まなければ役に立たない。
  おもしろく読むことができれば、その進歩もまた著しい。(p141)


 ・むかしの聖人賢人は日に三たび省みるといっている。
  おりおり自分のことを省みるには黙思が必要である。(p216)


いま自分のために何ができるか (知的生きかた文庫)
新渡戸 稲造
三笠書房
売り上げランキング: 1,276,844

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)94点



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
18,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む