本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「TRACTION トラクション ビジネスの手綱を握り直す 中小企業のシンプルイノベーション」ジーノ・ウィックマン

2020/12/16本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(82点)


内容と感想

■著者は家業立て直しの経験をまとめた
 「起業家のための経営メソッド」
 (EOS)を販売しています。


 「起業家のための経営メソッド」は
 ビジョン、人、データ、課題、プロセス、
 トラクション(実行力)から構成。


 それぞれパターン化することで
 だれでもレベルの高い経営ができる
 ようにしています。


 仕組み化して商品化するのは
 欧米らしいところですね。


・ビジョン・トラクションシート・・・自社が最も抜きん出た分野にフォーカスし続け・・・マーケッティング戦略を明確化し、「10年目標」、「3年後イメージ」、「1年計画」を具体化し、ビジョンを効果的に伝え、全社員がそれを共有できるようになるだろう(p3)


■特徴としては、毎週ミーティングで
 経営の状況を把握し、課題があれば
 改善を行うことでしょう。


 方向性に間違いがないか
 週次で業務の進捗状況を
 チェックするのです。


 毎週のアジェンダにある「石」とは、
 「マイルストン」のような
 重点項目の締め切りです。


 いつまでに誰が何をやるのか
 「石」で明確にすることで
 業務を推進(トラクション)
 するのです。


・毎週のアジェンダ
 切り替え 5分
 スコアカード 5分
 石の進捗状況 5分
 顧客・従業員のニュース 5分
 To Doリスト 5分
 課題解決トラック 60分
 ミーティング終了 5分(p225)


■守・破・離と言われますが、
 最初は「守」ということで
 本書のようなある程度成果が見込める
 パターン化したものを導入したほうが
 失敗が少ないのではないか、と思いました。


 もちろん従業員の解雇の方法など
 国によって合う合わないところが
 あるかもしれませんが、
 仕事を進める原則はどこでも変わりません。


 内容としては一般に良い
 といわれている手法を網羅しており、
 本書の内容をやってみるだけでも
 面白いと思います。


 ウィックマンさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・1年計画が決まったら・・・次の四半期で最も重要な優先事項は何かを決める・・・本書ではこうした優先事項を「石」と呼んでいる(p85)


・石も同じような短期的な集中力を作り出す。皆が一つの方向に集中すると、レーザー光線のような集中力が生まれ、目標に向かって実行できるようになる(p197)


・不幸にもほとんどのビジョンが実現せずに終わるのは、トラクション(実行力)が足りないからだ・・・トラクション(実行力)をつけるために必要な2つの規律とは何か?1つ目は、全員が具体的で測定可能な優先順位を設定すること。2つ目は・・・(p192)


・スコアカードとは、組織にとって重要な5~15の数値が含まれた週次レポートのことだ。スコアカードは、毎週ビジネスの脈拍をフォローし、今後の展開を予測し、組織が目標から逸れたらすぐに教えてくれる(p4)


・スコアカード(週間売り上げ、現金残高、営業電話、営業ミーティング、提案、成立した取り引き、給与総額、顧客の問題、顧客満足度、売掛金、買掛金(p140)


・3つのユニーク・・・ここで決めるのはフォーカスすべき事業だ。営業部隊は・・・「それをお求めでしたら、我が社ではお役に立てそうにありません。うちが得意としているのはこの3つの分野ですから」と答えるようにすることだ(p70)


・満足保証・・保証がなくても会社が潰れることはないが、保証があればビジョンをより早く達成できる(p76)


・コア・プロセスを文書化するには・・・文書化するのは各プロセスの責任者だ(p176)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

ジーノ・ウィックマン、ビジネス教育出版社


【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 起業家のための経営システム(EOS)
第2章 つるから手を離す
第3章 ビジョン
第4章 人
第5章 データ
第6章 課題
第7章 プロセス
第8章 トラクション(実行力)
第9章 すべてのモジュールを合わせてEOSを実践する
第10章 始めよう


著者紹介

 ジーノ・ウィックマン(Gino Wickman)・・・承継した家族経営のビジネスをV字回復させた経験からEOS(起業家のための経営システム)を生み出す。 EOSワールドワイド創設者。中小企業の現場に赴いて経営チームがEOSを導入するサポートすることに多くの時間を費やしている。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: