本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「BIS国際決済銀行隠された歴史」アダム・レボー

(2020年6月 9日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(80点)


■BIS(Bank for International Settlements)
 国際決済銀行と言えば、各国の中央銀行が
 出資した中央銀行間の決済を行う組織です。


 かつては国際業務を行う銀行の自己資本比率を
 8%以上と決定したバーゼル銀行監督委員会の
 上位組織でした。


 現在のバーゼル銀行監督委員会は、
 中央銀行総裁・銀行監督当局長官
 グループという会議の下部組織に変わり、
 BISが事務局をしているという。


 この本では、BISの歴史を振り返り、
 国家から独立したBISとは何なのか、
 読み解くものとなっています。


・BISには、バーゼル銀行監督委員会という下部組織がある。ここで、世界各国の民間銀行が国際業務を行うには自己資本率が8%なければならないとする、例の悪名高い「BIS規制」が決定されたのである(p11)


■BISは第一次世界大戦後、ドイツの
 賠償金支払いのために設立されました。


 各国の中央銀行が出資し、所在地の
 スイスから安全と独立が保障され、
 ています。


 その後世界恐慌とナチスの台頭により
 賠償金の支払いは停止となり、
 BISは中央銀行間の金や資金の
 決済業務を行う銀行として残ったのです。


 著者の言いたいことは、
 BISとは中央銀行総裁が作り上げた
 世界の銀行を管理・監督する権限を持ち、
 国家、政治からも独立した
 秘密クラブのようなものである
 ということです。


・BISは1930年にバーゼルで創設された。BISは、表向きは、第一次世界大戦後のドイツの賠償金支払いを行うためのヤング案を円滑に運営する目的で立ち上げられた・・・BISは、強力で、独立し、何かと介入したがる政治家たちや詮索好きな記者たちに煩わされない銀行だ(p31)


■著者は、国家から独立して
 重要な判断をすることができるBISに
 警鐘を鳴らしています。


 例えばBISは、
 ヒトラーの軍事資金を支え、
 侵略先の資産をドイツの口座に移した。
 デフォルトしたアルゼンチンの資産の
 差し押さえを拒否した。
 死亡したナイジェリア独裁者の資産を
 ナイジェリアの口座に移した。


 BISはこうした歴史を変えるような
 力を持っているにもかかわらず、
 単なる官僚である各国の中央銀行総裁が
 メンバーとなり、国家から独立して
 判断をしているのです。


 著者はBISがナチスの資金繰りを
 支えたことを非難しています。


 なぜならBISは同じように
 金の力によって世界を支配する国家を
 選ぶことができるからです。


 レボーさん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・政策協力(もしくは政策協調)・・・世界各国の官僚たちが集まって、政策協力について話し合い、決定する場がBISである(p10)


・ボッド元ハンガリー中央銀行総裁は、・・次のように語っている。「中央銀行の総裁たちの主な話題はワインの味と財務大臣たちの馬鹿さ加減であった。ワインについての知識がなければ会話に入っていけなかった」(p22)


・パリ協定では、BISは各種取引実行のエージェント、仲介者に指定された・・・各中央銀行間の取引はバーゼルのBISを通して行うようになった(p273)


・新銀行(BIS)には、各国の中央銀行の保有する金が保管され、各国の中央銀行名義の口座が開かれることになった・・・これによって、世界各国の中央銀行間の取引において、保有する金塊を実際に移動させたり、資金のやり取りと外国為替市場を通じて行ったりする必要がなくなることになった(p65)


・BISは略奪された金を持ち主に返す手助けもしている。1998年にナイジェリアの独裁者さに・アバチャが死亡すると、ナイジェリア政府当局は、アバチャによって奪われ、スイスの各銀行に預けられていた巨額の貯金の移動を求めた。2004年、スイス政府当局は、ナイジェリアの中央銀行に直接移される前に、約5億ドルをスイスの各銀行からBISにあるナイジェリアの口座に移すように命令を下した(p458)


・1991年、アルゼンチンの景気が悪化し、810億ドルの債務のデフォルトを行うと発表した・・・アルゼンチンの中央銀行は外貨準備の一部をBISに移した・・投資ファンドは、「・・・480億ドルをバーゼルに預けておくことをBISは許している」と声高に主張した・・2012年12月、スイス連邦参事会(スイスの連邦政府)は、投資ファンドによるBISにあるアルゼンチン中央銀行の口座の差し押さえを認めなかった(p458)


・ドイツ帝国のオーストリア併合に関して、オーストリア中央銀行は解散し、資産と負債をドイツ帝国銀行に移動させることになった」オーストリア中央銀行の資産とは、保有していた金とBISの株式4000株だった。それらの資産のベルリンへの"移動"をBISは承認した(p132)


・ホワイト(米財務次官補)はマッキントリック(BIS総裁)に対してさらに冷淡であった。ホワイトは「アメリカの若者たちがドイツ人たちと血みどろの戦いをしているあいだ、アメリカ人の総裁マッキントリックはドイツ人とビジネスをしていたのだ」と発言した(p239)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

アダム・レボー、成甲書房


【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次


第1部:資本こそすべて
・第1章 バンカーたちの夢の銀行
・第2章 バーゼルに生まれた秘密クラブ
・第3章 各国の国益に翻弄される国際銀行
・第4章 ナチスに利用されるBIS
・第5章 ナチス・ドイツの侵略に加担したBIS
・第6章 ヒトラーのために働くアメリカ人銀行家
・第7章 戦争で儲けるウォール街
・第8章 生き残りを懸けて手を握る
第2部:ドイツ連邦という帝国
・第9章 米国から欧州へ―連帯せよ、さもなくば滅びるのみ
・第10章 何もかも許される
・第11章 ドイツは不死鳥のごとく蘇る
・第12章 机上の殺人者たちの台頭
・第13章 そびえ立つバーゼルの塔
第3部:金融溶解
・第14章 第二の塔
・第15章 全てを見通す目
・第16章 傷ついた要塞


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 




この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: