本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚!独学法」浅田 すぐる

(2020年1月16日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■紙1枚の様式(フレームワーク)を
 使って、読書やセミナーや情報収集を
 効果的に行おう!という一冊です。


 ポイントは、まず目的を書くこと。
 そしてキーワードをメモしていく。
 最後に答えを「20字」でまとめるのです。


 最初に目的があるから、
 キーワードをメモするのも
 効果的にできるのでしょう。


 そして、目的が明確だからこそ
 そこから出てきた答えは
 本質的な答えになっているわけです。


・「20字」インプット学習法のフレームワーク
 日付とテーマを記入・・目的を赤ペンで記入・・
 まずは、この本を読む「目的」を考えましょう(p60)


■面白いのは、著者は勉強好きなのですが、
 自分のために勉強するのではなく、
 他人のために勉強しはじめたら
 稼げるようになったという。


 つまり、他人の問題を解決することが
 求められているのであり、
 自己満足では稼げないということ。


 仕事をするなら「人の役に立つこと」。
 勉強するなら「人の課題を解決すること」。
 セミナーするなら「人の役に立つこと」。
 こうした視点が大切なのでしょう。


・学習の目的は、「他者貢献」の力を高めるため(p198)


■ぼーっと本を読んだり、
 漠然とセミナーを受けるより
 目的を書いてからメモをすると
 効果的なんだろうな、と思いました。


 「ぼーっと勉強してんじゃねえよ」
 と言われないように
 目的を明確化して勉強するのです。


 浅田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・一通り本を読んだら、今度はフレームワークの中断部分を埋めていきます・・・目的達成に役立ちそうなキーワードを書き出していくプロセスです(p70)


・人間には、問いが立つと、答えが出るまで探し続けるという性質があるのです(p234)


・理解とは「人に説明できる状態」になること(p108)


・「What」「Why」「How」で整理する・・
 ・企画の概要、打ち合わせ結果、問題の明確化、現状把握、等=What?
 ・企画の背景、出張目的、真因分析、等=Why?
 ・予算、発注先、スケジュール、今後の対応、対策立案、等=How?(p116)


・行動したいなら、「動詞を動作に変換」する・・
 <動詞>   
 ・目的を意識する
 <動作>
 →意識したい目的が書かれた紙を繰り返し見る(p158)


・人事や給料を決めるのは、あなた以外の他者・・他者貢献的なものに・・自然と変わっていった・・次第にブログ経由でセミナー参加者が増えていきました(p190)



浅田 すぐる、SBクリエイティブ

【私の評価】★★★☆☆(78点)


[楽天ブックスで購入する]


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村



■目次

序章 なぜ、学んだことが身につかないのか
第1章 「学び」に関する間違い -なぜ20字にまとめると「学び」と「結果」がつながるのか?
第2章 20字でまとめる
第3章 実践編 学びを20字でまとめる
第4章 最短で仕事に直結するビジネスパーソンのための学び方



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
配信は『まぐまぐ』を使用。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: