本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「日本人に謝りたい―あるユダヤ人の懺悔」モルデカイ・モーゼ

(2019年12月31日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★★☆(89点)


■著者はユダヤ人長老とされていますが、
 翻訳者の久保田政男がゴーストライター
 ではないかと言われている一冊です。


 内容としてはフランス革命も
 マルクスによる共産主義も
 ユダヤ人民族解放のための
 活動の結果であったというもの。


 つまり、ユダヤ人は民主主義を発明して
 フランスの君主制を打倒し、
 マルクス主義を発明してロシアの
 ロマノフ王朝を打倒したというのです。


 ユダヤ人がフランスでもロシアでも
 迫害されており、マルクスを含め
 革命にユダヤ人が関わっていたことは
 事実なのです。


・フランス革命でフランスの君主制を打倒したのが、われわれの最初の大事業であった。つづいて、ヨーロッパの主な君主制を打倒することが至上任務となるのである・・・マルクス主義というものは・・ユダヤ人が自己の民族的開放事業のための道具としてあみだした虚構理論なのである(p25)


■そして、戦後の日本においても
 GHQに共産主義に共感を持つ者が
 多かったのは事実なのです。


 彼らが天皇制・軍国主義を悪とし、
 軍備を持たないという憲法を作り、
 地主から農地を収奪し、
 組合活動を支援したのです。


 民族迫害のあった欧州から
 迫害のない日本に輸入された
 民主主義と共産主義が
 天皇制と組み合わされて
 現代の日本となっています。


 そのため現在でも、共産主義の思想、
 つまり権力を敵とした階級闘争により
 国家転覆を目指す人が存在して
 いるということなのでしょう。


 ただ、著者は日本においては
 天皇と国民に支配・被支配の関係はなく
 階級闘争という考え自体に無理があり、
 当時のGHQの共産主義者が
 日本の現実を知らなかった、無知であった
 ということで謝っているのです。


・自由、平等を支配・被支配関係のある国家へ持ち込むことは、特に民族的支配・被支配の関係が宿命的な国家においては建設的なものと考えられる・・しかし、このような考えを直接的に日本へ適用したのは全くもって認識不足の一語に尽きるのである・・・事実、戦後の日本は今日みる如く世界でも最も「和」のない国となってしまった(p101)


■ユダヤ人という民族は、
 それぞれが自分の意見を持っている
 議論好きな民族です。


 ユダヤ人が組織的に革命を
 推進したというよりも
 個々のユダヤ人が迫害から
 脱出するために活動していた
 ということなのでしょう。


 もう少し歴史を調べて
 みたいと思います。


 モーゼさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本共産党は、コミンテルンの日本出張所として誕生したものである。コミンテルンの目的の一つには日本の天皇制打倒があった。コミンテルンはスターリンの独裁が強化されるまでは、国際的なユダヤ勢力により動かされていたものである(p30)


・マルクス主義国家論にみる如く、国家を転覆させるのを至上目的とするなら、国家破壊の最大の障害物となるのは軍隊であり警察力である。したがって、戦争反対、平和に名を借りて「軍縮」をとなえ始めたのも、第一次大戦後のユダヤ勢力に他ならない(p114)


・今度の戦争は日本の支配階級、「天皇制軍国主義者」の起こしたものであり、被支配階級である大多数の日本国民に責任はない、否、むしろ被害者である、一握りの天皇制軍国主義者にだまされていたのである、とする二極分化論・・・これがマルクス主義の階級闘争史観であるということはご理解頂けると思う(p83)


・ヨーロッパの王朝では常に君主と国民の利害が対立している。然るに、日本の天皇制には決して利害関係の対立などない・・君民共治の完璧な見本である(p23)


・戦争責任はあげて一握りの支配階級たる天皇制軍国主義者にある、大部分の国民はむしろその被害者であるとする論法は、先ず第一に戦争責任者を国外に求めることを忘れさせる効果を持つ。また、これにより旧敵国がいかにも雅量のあるものわかりのいい寛大な存在に映り、以後の占領政策をやりやすくする効果をもつ。しかもこれらよりも大切なことは、支配階級というものは常に悪玉であるとする思潮が生じることである(p87)


・「民主主義」は人為的なものである。それは宿命ともいえる被圧迫民族としての歴史を歩んできたユダヤ民族が自己の解放、もっと正確にいうならば立場の逆転のために当時の未成熟社会の大多数を占める不満分子を自己の至上目的への協力者として翼下に集めるために創作した言葉と理解した方が早い(p103)


・「基本的人権」という言葉からまず読みとれることは、被害者意識から出発した概念ということである。長年、差別、迫害されてきたユダヤ人の血の出るような要求であったのだ(p115)


・第26条・・教育を受ける権利・・・日本では教育の機会均等が奪われたためしはない・・第26条を一見してバカバカしいと感じないだろうか・・ドイツのユダヤ人にとっては、教育の機会均等ということは最大の夢の一つであったのだ(p127)


・ロシア革命の本質・・・ユダヤ権力がツアー権力にとって代わったもの・・・それはフランス革命に次ぐユダヤ人の反撃プログラムの第二弾だったのだ(p154)


・日本はなんとか戦争を避けようと、全くの善意から必要以上の譲歩をした。ところが相手は、その譲歩を全く単純に弱さの現れとしか取ることができなかった。この理性的なものの差は、数世紀やそこらで埋まるものではないと私は考える(p43)


・天皇機関説・・・当時のドイツにおける憲法学者が皆ユダヤ人であったことを考え合わせる時・・・「機関」という言葉はドイツのユダヤ人の間では、マルクスも勿論このOrganという言葉が大好きであったのであるが、階級闘争における「支配者」が「被支配者」を「抑圧」「搾取」する「手段」「道具」という意味で専ら使われていたのである(p131)



モルデカイ・モーゼ、久保田政男、日新報道

【私の評価】★★★★☆(89点)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村


■目次

1.戦前の日本に体現されていたユダヤの理想
2.二元論的思考法 典型的なユダヤ的思考パターン
3.日本人の知らない東京裁判の本質
4.戦後病理の背景 日本国憲法はワイマール憲法の丸写し
5.マルクス主義はユダヤ民族解放の虚偽仮説
6.極左的戦後改革を強行したユダヤの秘密



メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録は無料
          配信は『まぐまぐ』を使用。

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: