「ここまでわかった! 宇宙の謎」富永 裕久

| コメント(0) |

ここまでわかった! 宇宙の謎 (PHP文庫)

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■10年前に相対性理論、量子論、宇宙の構造などを
 まとめた一冊です。


 あまりに専門的すぎて、現在の理解と
 どう違うのかさえわかりません。


■重力とは、質量が空間を曲げているというのは
 理解しやすいのですが、これに気づくとは
 アインシュタインは偉大ですね。


 宇宙の仕組みとは究極まで小さくなり
 究極まで大きなことを見ようとしている
 すごい世界だと思いました。


 富永さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・10(-35乗)メートルという大きさは、"プランク長さ(正確には1.6✕10(-35乗)メートル)"と呼ばれるもので、空間が取りうる最小の大きさである・・・宇宙は誕生時、ゼロからいきなり10(-35乗)メートルの大きさにならなければならない・・(p20)


・重力によって空間は曲がる・・地球が太陽の周りを回るのも、太陽がゆがめた空間を、地球がまっすぐに進んでいるのだととらえられる(p177)


・以前はダークマターの有力候補とされていたニュートリノだが、スーパーカミオカンデの観測で、質量が意外に軽いことがわかった。この重さでは、たとえダークマターであったとしても、そのうちの数%を占めるにすぎない(p288)


・超ひも理論・・素粒子はそれまで点状とされ、大きさゼロと考えられてきたのに対し、超ひもはその名のとおり"ひも"であり、長さがある。といってもわずか10(-35乗)メートルのプランク長さである。そして、、このひもの振動によって電子やクオーク、グルーオンなど・・あらゆる粒子に姿を変える。また、振動の大きさはすなわちエネルギーの大きさであり、エネルギーと質量は等価だから、振動数が高いほど、重い粒子となる(p296)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


ここまでわかった! 宇宙の謎 (PHP文庫)
富永 裕久
PHP研究所
売り上げランキング: 839,476

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■目次

序章 SFの世界は日本の技術で現実になる
第1章 2025年――「光技術」を活用したビル農場で世界の食糧問題は解決する
第2章 2030年――「超電導構造体」でエネルギー革命がおきる
第3章 2040年――「重力制御技術」によって宇宙航行が実現する
第4章 2050年――テレパシー交信の基礎技術「想いを検知する技術」が完成する
終章 「日本の技術」が世界をリードする



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)