「コンクリートが危ない」小林 一輔

|

コンクリートが危ない (岩波新書)

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
 の講演会に参加しました。
https://sip-hokuriku.com/wp-content/uploads/2018/05/2018.5.11.pdf


 金沢大学の鳥居教授によると
 北陸、東北のコンクリートにおいて、
 今まで凍害、塩害と言われていたものは、
 実はアルカリシリカ反応(ASR)が
 原因となっているものが多いとのこと。


 アルカリシリカ反応(ASR)とは
 コンクリートのガンと言われ、
 骨材として含まれる岩石が
 コンクリート内のアルカリと反応して膨張、
 ひび割れが発生するものです。


 1980年代にコンクリートに洗浄されない
 海砂が使われアルカリシリカ反応(ASR)を
 誘発し、短期間にひび割れ、
 大問題になったことがありました。


 アルカリ総量規制や骨材を制限するなど
 対策は取られてきたはずなのに
 どうしてこんなことになっているのか。
 ということで当時の書籍を購入しました。


・アルカリの総量規制による防止策は、
 わが国においても採用されている。
 なぜ、海砂の使用がアルカリ骨材反応と
 関わってくるのであろうか?それは、
 海砂中の塩分がコンクリート中で
 アルカリをつくりだすからである(p80)


■鳥居教授の話では、砂との
 アルカリ骨材反応により微小な亀裂ができ、
 そこに水が進入して凍害となる。


 または、亀裂から融雪剤の塩分が進入して
 アルカリ骨材反応を加速させ、
 鉄筋を腐食させるというのです。


 アルカリ量と骨材の制限により
 アルカリ骨材反応が生じる可能性は
 ほとんどないと考えられていましたが、
 実際には凍害、塩害の影に隠れて
 アルカリ骨材反応が起きているのです。


・通常のセメントに含まれているアルカリ量は
 0.6%前後であって、このていどのアルカリを
 含むセメントによって、アルカリ骨材反応が
 生じる可能性はほとんどない(p78)


■鳥居教授によると
 アルカリシリカ反応(ASR)は
 セメントの20%をフライアッシュと
 置き換えるだけでほとんど予防できるという。


 そして、欧米では
 アルカリシリカ反応(ASR)防止のために
 フライアッシュをコンクリートに
 混ぜることは常識だという。


※フライアッシュ・・火力発電所で石炭を燃焼させた後に
          発生する石炭灰。微細な球状。


 海外と日本でフライアッシュの利用に
 差があるのは不思議なことですね。
 今後も調査していきたいと思います。


 小林さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・第一段階の長さで新たに明らかになったのは、
 骨材としてアルカリ反応性の岩石が
 含まれていたことである。
 それは、火山ガラスを含む安山岩と、
 微小石英を含む砂岩および粘板岩(p15)


・アルカリ骨材反応による劣化の兆候が
 出はじめるのは、一般に建設後約10年であるが、
 阪神高速道路の高架橋の場合には、
 コンクリート施行後四年後に
 異常なひび割れが発見され、
 フランスのダムの例では建設後、
 40年も経ってからアルカリ骨材反応による
 ひび割れが発生している(p90)


・1995年1月の阪神大震災では、高度成長期に
 建設された多くのコンクリート構造物が破壊された。
 これらの構造物のコンクリート破片を観察すると、
 不思議なことに、砕石粒や砂利など大粒の骨材が
 ひじょうに少ないことに気がついた。
 コンクリート全堆積の約40%は、
 砕石や砂利などの大粒の骨材で
 占められているはずである・・
 どこに消えてしまったのか?(p147)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


コンクリートが危ない (岩波新書)
小林 一輔
岩波書店
売り上げランキング: 193,074

【私の評価】★★☆☆☆(67点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

1 コンクリート構造物に異変
2 コンクリート構造物の寿命
3 腐食する山陽新幹線高架橋
4 コンクリートのがん
5 コンクリートが分解する
6 明るみになった手抜き工事
7 高度成長の負の遺産
8 良質な遺産を残すために
付 分譲マンションへの対策



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)