本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「300枚のユニークな広告が語るこんなに明るかった朝鮮支配」但馬 オサム

(2019年1月25日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

300枚のユニークな広告が語るこんなに明るかった朝鮮支配

【私の評価】★★★★☆(82点)


■日韓併合時代の広告をみながら、
 植民地支配と批判される日韓併合時代が
 どうだったかを考える一冊です。


 スポーツカー、化粧品、オーディオ、
 デパートの広告を見ると
 朝鮮半島では活発な経済活動が
 行われていたことがわかります。


 日本との併合により
 それまでの李氏朝鮮の
 奴隷(奴婢)を含む階級社会が解体され、
 どんな職業に就職できるように
 なったのです。


・モータリゼーションが「差別」の解消に・・京城自動車講習所の広告・・・「暗黒世界から光明世界へ」「因襲的職業から解脱せよ文明的職業へ」・・李朝時代の朝鮮を見てみれば、インドなみの苛烈な階級社会だったことで知られている・・奴婢階級だけで多いときで全人口の4分の1におよんだ(p35)


■今回の火器管制レーダーの照射のように、
 昔から朝鮮人は嘘や飛躍した論理を根拠にして
 敵を批判し、処罰するのが特性のようです。


 従軍慰安婦は高級品だった蓄音機を
 もっているほどの職業だったのに、
 軍に拉致され抹殺されたことになっている。


 識字率が10%未満だったのが、
 日韓併合により朝鮮語を含む教育により
 識字率が上昇し、広告を見てもわかるとおり
 朝鮮語も自由に使われていたのに
 朝鮮語、文化を奪ったと批判する。


 自国民でさえ親日派、共産主義者と
 レッテルを貼り、
 投獄、抹殺しているのです。


・親日派(チムイルバ)のレッテルを貼られ、反民族行為処罰法によっていつ何時、牢獄に送られるかもしれない・・親日派のレッテルも恐ろしいが、もっと恐ろしいのは共産主義者というレッテルであった。李承晩政権によって主義者に仕立てられ、済州島四三事件や保導連盟で虐殺された韓国良民は100万人以上に及ぶ(p151)


■朝鮮半島は、
 憎しみと悲しみの大地だと
 思いました。


 調子の良いときにはゴマをすり、
 調子が悪いときには抹殺する。
 そうした安心できない文化なのです。


 朝鮮に生まれなくてよかったし、
 今後もあまり関わらない
 ほうがよいのでしょう。


 但馬さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・広告というものは時代を反映する鏡ではないか・・明日のパンも事欠く社会にスポーツカーの広告があふれるわけはない。広告は豊かさのバロメーターでもあるのだ(p1)


・ハングルまじりの、これらのイラスト入り広告を改めて見て、「日本帝国主義が朝鮮から文化と文字を奪った」という戦後韓国の主張がいかに虚構の歴史観をもとにしたものであるかご理解できよう(p16)


・大正天皇が朝鮮語を話せたというと驚く人が多い・・・文化抹殺のために民族の言葉を奪ったという"俗説"が未だまかり通っている証左だろう(p42)


・朝鮮語を抹殺するどころか、日韓併合に合わせるように国内では、にわかに朝鮮後学習ブームまで起こっているのだ(p42)


・併合時代、半島の人々は被搾取者ではなく、立派な「消費者」だったのである・・なかには日本人相手に大儲けした人もいっぱいいる・・・併合時代の朝鮮人が目も耳も口も塞がれた、主体性をもたぬ奴隷だったと主張するのは、それこそ自分たちのご先祖さまに対する冒涜・・(p3)


・半島の乳幼児死亡率は・・・金哲著『韓国の人口と経済』によれば、1925年(大正14年)の死亡率は17.5%、以後、1930年(昭和5年)は15.0%、1940年(昭和15年)は13.5%、1945年(昭和20年)は12.5%(p39)


・戦前まで平壤には有名な妓生(きしょう、キーセン)学校が存在していた。日本軍慰安婦カミングアウト第1号の金学順さんが、この学校の出身者だったという。(p142)


・「ミッチナ捕虜尋問調書49号」・・・1944年(昭和19年)、アメリカ軍がビルマのミートキナ(ミッチナ)陥落作戦で捕虜とした朝鮮人慰安婦20名から聞き取り調査・・・<彼女たちは、ビルマ滞在中、将兵と一緒にスポーツ行事に参加して楽しく過ごし、また、ピクニック、演奏会、夕食会に参加していた。彼女たちは蓄音機をもっていたし、都会では買い物に出かけることが許された>・・当時、蓄音機は、若者たちが憧れる、ちょっとした贅沢なアイテムでもあった(p46)


・『売笑婦秘話』(1935年)の中で、朝鮮および支那の一部にみられる独特の風習として「妻妾抵当』なるものを紹介している・・・借金の際に自分の妻なり妾を抵当にすること・・・(p134)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


300枚のユニークな広告が語るこんなに明るかった朝鮮支配
但馬 オサム
ビジネス社
売り上げランキング: 75,461


【私の評価】★★★★☆(82点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 「消費」が拡大し広告があふれた時代
第2章 民族を背負った「男」たち
第3章 「女性」が輝く併合時代
第4章 半島の「夜」



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: