「丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか? 非効率の極め方と正しいムダのなくし方」小野正誉

| コメント(0) |

丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか? 非効率の極め方と正しいムダのなくし方

【私の評価】★★★★☆(83点)


■うどんチェーンといえば、
 「丸亀製麺」「はなまるうどん」
 でしょう。


 この中で「丸亀製麺」の特徴は、
 店舗で麺を作り、天ぷらは揚げたて、
 ご飯は炊きたて、出汁は取れたて、
 生姜も毎日社員がすりおろしている。


 「丸亀製麺」はどこのチェーンも
 真似できないほど味にこだわった
 非効率な仕組みなのです。


・全員がいいねと言うものは
 たいしたことはない・・・
 みんなが「いいね」と思うものを
 目指せば目指すほど,
 平均化してしまい他のチェーン店と
 同じになってしまいます(p60)


■「丸亀製麺」は
 あえて味と手間にこだわり、
 効率の悪い店舗としている。


 競争社会のなかで生き残るのは、
 特徴をもった魅力的な商品を
 適正価格で提供する会社であると
 確信しているのです。


 確かに、ドン・キホーテも
 スターバックスも人が集まる
 特徴を持っているのですね。


・製麺機を置き天ぷらもその場で揚げてご提供する・・・
 丸亀製麺がしていることは効率的ではありません・・・
 「そんな効率の悪い店が成功するわけがない」
 と散々批判された(p37)


■大塚家具を思い出してしまいました。
 二世社長は、他社のような
 効率的・合理的な経営を目指し、
 自滅したのです。


 ブランドとはお客様との約束。
 ブランドとは人が集まる魅力。
 それを分かっているお店が
 流行るのでしょう。


 小野さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・丸亀製麺は,開業してからずっと
 直営店方式をとってきました・・
 フランチャイズだと目がいき届かない部分が
 出てくるからです(p57)


・讃岐うどんがおいしいと言われるようになったのは,
 オーストラリア産の小麦粉を使うようになってから・・・
 丸亀製麺では「きたほなみ」という北海道産の
 小麦粉のみを使っています(p23)


・「地元密着型で,幅広い年齢層のお客様が
 日常的に足を運び食事を楽しめるお店」が
 長く生き残るということです(p27)


・粟田社長は・・・面接の際に,
 「トリドールに失敗しにおいで」と
 声をかけることもあります・・・
 失敗は未然に防ぐものというより,
 失敗から学びを得て成長することが
 尊いのだという考えが
 社内に行きわたっています(p140)


・軽減税率はテイクアウトメニューや
 宅配サービスが対象になり,
 外食は対象外となります。
 丸亀製麺のような外食は消費税が課されて,
 牛丼店のテイクアウトやコンビニ弁当は
 税率が軽減されるということです(p235)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★☆(83点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

序章 丸亀製麺はなぜナンバー1ブランドになれたのか?
第1章 丸亀製麺はなぜセントラルキッチンをつくらないのか
――非効率のススメ
第2章 丸亀製麺はなぜ値下げ競争に巻き込まれないのか
――競争しないで勝つ方法
第3章 丸亀製麺の羽田空港店はなぜ驚異的な売上なのか
――正しいムダのなくし方
第4章 与えて、任せて、人は育つ
――失敗を愛する人」を育てる
第5章 成長企業のトップはここが違う
――小心者こそ成功する
第6章 丸亀製麺はなぜ海外で日本の味にこだわらないのか
――違和感を活かす



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)