「医者の本音」中山 祐次郎

| コメント(0) |

医者の本音 (SB新書)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■若手医師がほとんど所属する
 大学医局に属さずに、
 外科医として修業を続けてきた
 異色の医師が教える医師の本音です。


 医師はお金持ちというイメージが
 あるかもしれませんが、
 それ以上に仕事はブラックです。


 専門にもよりますが、外科医などですと、
 いつ呼び出されるかわからず、
 過労・寝不足が常態化しているようです。


・私の知っている外科医は明らかに
 短命な印象で、60代の早めで
 亡くなる人が多いのです。それも、
 「睡眠不足・過労・暴飲暴食」(p190)


■そして勤務医は大学医局が、
 医師の人事を握っています。


 大学医局という統率のとれた組織が
 医師を派遣するからこそ、
 過疎地に医師がいるということ。


 そして、医師は大学医局に属しながら
 技術を磨き、独立開業するのか、
 このまま勤務医を続けるのか、
 悩んでいるわけです。


・へき地や離島の医療を支えるシステムの
 一つが、医局です・・医局という、
 ある意味で強制力を持った集団が、
 医師を定期的に派遣するのです(p134)


■医師の業界も楽ではないのだと
 思いました。


 仕事は厳しく辛い。
 収入も厚生労働省に左右される。
 医療訴訟もある。
 医師は辛いですね。


 中山さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・なぜ医者の態度はいつも冷たいのか・・・
 きっちりと決まったタイム・スケジュール・・・
 外来診療での業務過多・・・
 1日に何十人もの診察をします(p35)


・看護婦や若手医師に異常に高圧的な医者・・
 勘違いしてしまう医者は、
 たまにいます(p61)


・インフォームド・コンセント・・・
 医療訴訟は医師がもっとも
 恐れるものの一つです・・
 訴訟でよく見られるには、
 「説明義務違反」(p86)


・受診は「平日の昼」をおすすめする意外な理由・・
 夜中3時に病院にかかった場合、
 出てくる医師はまず間違いなく
 眠くてボーッとしています(p125)


・医局には逆らえない・・・昔、地方では
 仁義を切らずに退局する若い医師に対し、
 教授が「お前、この県で医師をやれると思うなよ」
 と凄むという話はよく聞きました(p136)


・現実的な医者選びとしては、
 ・まずかかってみる。だいぶ変だったら
  すぐに医者を変える
 ・相性が悪いと感じたら、そのときも変える
 ・基本的に自宅からアクセスの良い
  病院を選ぶ(p147)


・研修を始めた頃、上司の外科医と
 こんな会話をしました。
 上司「外科医には二つの返事しかない。わかるか?」
 私「いえ、わかりません」
 上司「Yesか、はい、だ」(p153)


・製薬会社の営業・・・
 key doctorにしっかり営業して
 「この薬は有用だ」と思ってもらい、
 それ以外の医師たちを集めた
 製薬会社主催の研究会で
 薬の有用性を話してもらう(p177)


・製薬会社が医師に営業行為を行うことは
 本質的な矛盾をはらんでおり、
 矛盾が有形化したのが
 ノバルティス社の「ディオバン事件」と
 武田薬品工業の「ブロプレス事件」です(p182)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


医者の本音 (SB新書)
医者の本音 (SB新書)
posted with amazlet at 18.09.09
中山 祐次郎
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 732

【私の評価】★★★☆☆(78点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 医者の本音 その一言に込められた真意
第2章 医者は言わない 薬・手術の本当のところ
第3章 病院の本音 患者の都合 医者の都合
第4章 医者のお金と恋愛 その収支明細と私生活
第5章 タブーとしての「死」と「老い」 人のいのちは本当に平等か?



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)