「仕事は「外見」で決まる! コーチングのプロが教えるプレゼンスマネジメント」鈴木 義幸

|

仕事は「外見」で決まる! コーチングのプロが教えるプレゼンスマネジメント

【私の評価】★★★★☆(81点)


■見た目、姿勢などを良くすることを
 英語ではプレゼンスマネジメントと
 言うらしい。


 この本では主に話し方、
 スピーチでの注意点について
 書いてあります。


 まず、最初に注意するのは
 あごです。顔の"あご"。
 あごが上っていると
 冷たく傲慢に見えるらしいのです。


・あごを自分の意思でチューニングする練習をします。
 毎朝、鏡を見るときに、あごの重さを感じながら
 あごを軽く左右、前後に揺らしてみてください。
 そして顔が鏡とまっすぐに向かい合うように
 あごの位置を定めます(43ページ)


■次は、「眼」のコントロールです。


 スピーチでは、1人の眼を見なら、
 1センテンスを話す。
 次のセンテンスは次の人と
 目線を合わせて話すのです。


 大勢に話しかけるのではなく、
 あくまで一人ひとりに話しかけることで
 聞いている人が
 あたかも自分が話しかけられている
 と感じるわけです。


・講演や研修など、
 多数の人の前で話すときには、
 観衆一人ひとりにだいたい3~5秒視線を
 合わせるようにしています(47ページ)


■最後は、話し方に変化を
 つけるということ。


 声の大きさを変える、
 声の速度を変える、
 声のトーンを低くする・・。


 そうすると聞いている人に
 大切なことが伝わりやすく
 なるのですね。


 鈴木さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・まず、誰かと話をする時、一本の糸が
 二人を結んでいて、その糸を伝わって
 言葉が飛んでいくことを想像してみてください・・
 会議やスピーチなど、普通の人に対して
 話をするときに、まず一人と「糸をつなげ」、
 次に別の人と「糸をつなげる」という話し方を
 試してみてください(133ページ)


・「話の素材」を集めればならないとき、
 私の場合、まずは自分がはっとしたり
 どきっとしたりぐっときたような体験を
 記憶の中から掘り起こします・・
 その体験が「本当に話したいこと」かどうか、
 何度も何度も自分に問いかけます・・
 一人でリハーサルしながら
 何度も何度もチェックします・・
 すぐには決定せず、最低一晩は
 「寝かせる」ようにして、時間が経って
 冷静になっても「面白い話」かどうかを
 本番前に確かめておくべきです(138ページ)


・非断定表現・・聞き手がもしかしたら
 否定しかねないことを先読みして
 丁寧に伝えながら話す・・
 という可能性もあると思うんだ・・
 あくまで僕の主観ですが、といった具合に
 とにかく決めつけた断定表現が一切ない・・
 部下たちのプロテクトが下がったと見るや否や、
 自分の思いをストレートに伝える表現に
 変えたということです。
 そこの移行は本当に見事でした(101ページ)


・ふらっと職場に現れて、
 『おう、どないや』
 って話しかけるだけなんですが。
 でも、みんな思いましたよ。
 あ俺のこと見てくれてるな、
 話しかけてくれてるなって」
 これこそまさにリーダーの
 話しかけ方の理想です(131ページ)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★☆(81点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

その1 「あご」の位置を決める
その2 「眼」をコントロールする
その3 「声」で自分の話にマーキングをする
その4 「距離」を武器にして、最高のコミュニケーション術を会得する
その5 「相手のプロテクト‐警戒心」をゆるめる
その6 最高の「聞き姿」をつくる
その7 最高の「話しかけ方」で、相手の心をつかむ
その8 本当に伝えたい「素材」を探してから話す
その9 相手の存在を承認してあげる「まなざし」をつくる
その10 最高のパフォーマンスを引き出すための「儀式」をつくる
その11 自らの「軸」を確立する



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)