「こうして捏造された韓国「千年の恨み」」松木國俊

|

こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)

【私の評価】★★★★☆(85点)


■韓国が言い続ける「歴史問題」の本質は
 何なのか、過去にさかのぼって
 歴史を振り返る一冊です。


 まず、確認すべきは、
 韓国が国家として日本の悪口を
 世界中で拡散していることです。


 日本人から見れば明かな嘘も、
 ひたすら言い続けることで
 事実として国際社会に認められることを
 韓国人は知っているのです。


・韓国内に全世界の韓国人に向けた「対日督戦司令塔」
 があります。Volauntary Agency Network of Korea
 (通称、VANK)がそれです・・・
 特に力を入れてきたのが、現在、全国民運動にまで
 発展している「ディスカウント・ジャパン
 (日本引きずり下ろし)運動」です。・・
 「慰安婦問題、東海(日本海)呼称問題、
 独島(竹島)問題は世界平和に対する脅威である」
 など日本を誹謗中傷する捏造情報を
 日夜ネットで垂れ流し、日韓外交戦争の火種を
 世界中にばら撒いてきました・・
 なんと韓国政府は運動資金を公費として支給しています。
 2013年2月には、朴起台団長が大統領表彰を受けています(p33)


■歴史について学ぶべきは
 日本なのでしょう。


 韓国は戦後、竹島を含むエリアを
 自国の海と一方的に宣言し、
 近づいた日本の漁民を殺害しました。


 日本人に協力した韓国人の資産は、
 法律で没収されました。


 日本の要人を暗殺したり、
 靖国神社に放火したり、
 神社の仏像を盗むことは、
 国家のヒーローとされています。


 いかに誠実に対応したとしても、
 韓国は変わることはないということです。


・忘るまじ「李承晩ライン」の悲劇・・
 戦後20年にわたる韓国の不法行為によって、
 実に日本の漁船328隻が捕らえられ、
 抑留された漁民は3929人に上がりました。
 銃撃などによる犠牲者は死者29人、
 障害者84名に達しています(p211)


■ありもしない歴史を捏造する韓国に
 驚きました。


 その結果として、その嘘が事実として
 国際社会に認識されているということ。


 そしてまた、それを
 日本国内から支援する人がいること。


 そうした事実を認識したうえで
 韓国との付き合い方を考える必要が
 あるのでしょう。


 松木さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本を核攻撃する映画「ムクゲの花が咲きました」
 では核ミサイルが日本に飛ぶシーンになると
 観客が総立ちで拍手した(p22)


・「勝つためにはなんでもあり」韓国式ケンカ・・
 自分の主張を大声で怒鳴り合うだけで、
 怯んだほうが負けです。
 さらに周りの人々にその場で訴えたり、
 陰で告げ口をして自分の味方を
 増やそうとします(p30)


・彼らの狙いどおり、慰安婦の像や碑が設置された
 地域のアメリカ人は簡単に「慰安婦強制連行」を
 信じてしまい、反日感情が高まりました。
 そしてついてに、"レイプ魔の子孫"として
 日本人子弟に対するイジメが始まったのです(p37)


・アメリカ連邦下院決議は、次のような言葉から
 始まっています。
 「1930年代から第二次世界大戦までの間、
 日本政府は『慰安婦』と呼ばれる若い女性たちを
 日本軍に性的サービスを提供する目的で動員させた。
 日本政府による強制的な軍隊売春制度『慰安婦』は、
 『集団強姦』や『強制流産』『恥辱』 そして
 『手足切断、死亡および結果的自殺に至る性的暴行』
 など残虐さと規模において前例のない
 二十世紀最大規模の人身売買の一つである」
 韓国の捏造した途方もない嘘がそのまま
 決議文として採択され、残虐国民とされた
 日本人の名誉は地に堕ちました(p39)


・日本の子供たちに自虐史観を叩き込んで
 反日日本人を量産する日教組は、
 韓国の大切な"盟友"です。
 朝日新聞や毎日新聞のような韓国を
 代弁してくれる言論機関もあります・・
 そもそも「河野談話」を出して強制連行を
 認めてくれたのは、自民党の河野洋平氏でした。
 愛国心とは無縁の公明党や
 天皇否定の共産党はもちろん、
 韓国の味方です(p42)


・2004年に韓国では親日派の子孫が受け継いだ
 資産を没収するための「遡及法」が制定され、
 土地を主体に日本円で二百億円近い資産が
 国に取り上げられました(p47)


・2012年1月に、ソウルの日本大使館に火炎瓶を
 投げ込んだ罪で服役していた劉強容疑者(中国人)
 は取り調べ中に、2011年12月に靖國神社に放火した
 ことを自白しました・・なんとソウル高等裁判所は
 劉容疑者を"政治犯"と認定し、中国へ送還(p48)


・2013年7月・・ソウル高等裁判所は新日鉄住金に対し、
 戦時徴用された元朝鮮人労働者への賠償を命じる
 判決を下し、続いて釜山高等裁判所も三菱重工に
 対して、同様の判決を下しました(p52)


・李朝時代の支配階級では血なまぐさい凄惨な争いが、
 何代にもわたって際限なく繰り広げられました。
 しかも、負けた側は絶対にその恨みを忘れません。
 李朝時代は、祖先が受けた屈辱を晴らすことが
 何より大切な行為でした(p59)


・李承晩政権は韓国の伝統技である歴史捏造を行い、
 「李朝は日本によって滅ぼされた。
 日本統治時代は地獄であり、
 そこから朝鮮人を救ったのが
 大韓民国政府の軍隊だった」ことにし、
 日本を悪玉にして国民の政権への不満を抑え、
 大韓民国の建国を正当化したのです(p64)


・2013年9月12日付世界日報によれいば、
 「日本統治時代は悪くなかった」と正直に語った
 95歳の老人が「日帝植民地支配を擁護した」
 という理由で殴られ、死亡しました(p80)


・内地ではすでに昭和14年に徴用令が発令されており、
 朝鮮では実に5年遅れて適用されました。
 戦争が激しさを増して内地では
 いよいよ人が足らなくなってために、
 これまで猶予していた朝鮮半島の人々にも
 同じ日本国民として"徴用"に
 応じてもらうことにしたのです(p94)


・日韓併合以降、日本に憧れ、賃金の高い
 日本で働くために、多くの朝鮮人が
 自らの意思で日本へ渡ってきました。
 そして出稼ぎ渡航の資格がない人々は、
 密航してでも日本へ渡ろうとしました・・
 昭和5年から17年までの13年間に発見された
 不正渡航者は、4万人ちかくになります(p110)


・日本の軍隊は民間人に神経質なほど気を使っていました・・
 軍人が慰安婦を含めた民間人になにか酷いことをすれば、
 憲兵が絶対に許しませんでした・・
 民間人を守る立場の軍隊が駐屯地から外に出て、
 朝鮮の女性たちを『組織的に強制連行して性奴隷にする』
 など、あまりにも馬鹿げています。
 一体、誰がそんなことを言いだしたのでしょう。
 第一、そんなことを朝鮮の人々が
 許すはずもないでしょう(p128)


・1274年の文永の役、1281年の弘安の役の二回にわたり、
 元軍は日本に大挙して侵攻しました。
 実はその時、多くの日本人をむごたらしい方法で
 虐殺したのは大部分が高麗兵だったのです。
 記録に基づいて、その実態を確認してみましょう(p179)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


こうして捏造された韓国「千年の恨み」 (WAC BUNKO)
松木國俊
ワック
売り上げランキング: 198,191

【私の評価】★★★★☆(85点)



■目次

第1章 外交戦争に突入した日韓関係
第2章 創られた「日本への千年の恨み」
第3章 韓国の歴史捏造の嘘を暴く
第4章 日韓千年の真実
第5章 韓国が日本に絶対に追い付けない七つの理由



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)