本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ロゼッタストーン解読 」レスリー・アドキンズ ロイ・アドキンズ

(2018年1月 6日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)


【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■エジプトの絵文字、ヒエログリフは
 19世紀初期まで読むことができませんでした。


 エジプトがローマに支配され、
 ローマにキリスト教が広がると
 古代の遺跡に書かれたヒロエグリフは
 使われなくなり、忘れ去られたのです。


 このヒエログリフを解読したのは、
 フランスのシャンポリオンでした。


・ナポレオンのエジプト遠征は軍事的には失敗に終わったが、遠征に同行した学者はヨーロッパ中の学者たちを驚かすことになる文書や絵画、遺物などを大量にフランスに持ち帰り、また生還した兵士は異国の珍しい話を広め、それは話のたびに誇張され、尾ひれがつけられた・・エジプト熱がフランス中に広がった(p13)


■シャンポリオンは、フランス語・ラテン語・
 ギリシア語・ヘブライ語・アムハラ語・サンスクリット語・
 アヴェスタ語・パフラヴィー語・アラビア語・
 シリア語・ペルシア語・中国語・コプト語を話したという。


 この4世紀のエジプト語であるコプト語が
 ヒエログリフ解読の鍵となったのです。


 すごいなあ。


 アドキンズさん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・バンクスのオリベスクでクレオパトラの名前を示すヒエログリフと、オベリスクおよびロゼッタストーンでプトレマイオスの名前を示すヒエログリフを比較することによって、シャンポリオンは、両方の名前に共通する文字(p、o、lに相当するヒエログリフ)は、これらの名前をアルファベットで綴る場合('Ptolmes'と'Cleopatra')と同じ位置にあるのを確かめた(p183)


・ヒエラティクはヒエログリフから生まれ、デモティクはヒエラティクから生まれ、これらすべては同一言語をあらわし、ほぼ同一の規則に従っており、これらの一つが解読されれば、他の二つも解読される(p188)


・シャンポリオンは合計864の文字を見つけたが今日では、もっとも初期のヒエログリフは約千文字あり、紀元前2000年頃には750に減り、プトレマイオス朝のギリシア時代およびローマ時代には数千に増えたと考えられている(p220)


・実際にはロゼッタストーンのテキストは使用に限度があった・・そのヒエログリフはだいぶ破損していたからである・・ロゼッタストーンのヒエログリフ・テキストはそれほどこの研究に役立たなかった。というのは、その破片から読みとれたのはプトレマイオスの名前ひとつだけだったからである(p225)


・教会が聖書を誤って解釈しているという証拠になるような、新しいパピルスのコレクションがいつ出てこないともかぎらず、多くの教会関係者はソールト・コレクションの購入によってそんな証拠が見つかるのを恐れていた(p239)


・彼の死から数十年後、メソポタミアを起源とする楔形文字がついに解読され、楔形文字は最古のヒエログリフよりも古いことが判明し、文字が最初につくられた地域はメソポタミアとされた・・ごく最近エジプトで考古学者によって発見された初期のヒエログリフは、結局のところシャンポリオンが正しかったのかもしれないことを示しているように思われるーそれは、紀元前3400年前の、知られているかぎり最古の表音文字なのである(p321)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は下記の書籍からです。

ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)
ロゼッタストーン解読 (新潮文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 18.02.01
レスリー・アドキンズ ロイ・アドキンズ
新潮社
売り上げランキング: 252,719


【私の評価】★★☆☆☆(67点)



■目次

第1章 エジプトの大地
第2章 生徒
第3章 大都会
第4章 教師
第5章 医者
第6章 クレオパトラ
第7章 王の知人
第8章 秘密を解いた者
第9章 翻訳者
第10章 言葉と文字を与えし者



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: