「最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常」二宮 敦人

|

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■著者の妻は東京藝術大学の
 美術学部です。


 妻から伝わってくる東京藝術大は、
 変人の集まり。


 「最後の秘境」と言われる
 国立大学法人東京芸術大学は
 どんな大学なのでしょうか。


・美校の敷地は、上野動物園と
 フェンス一つで接している・・
 ある日、上野動物園でペンギンが
 一頭死んでしまった。
 一人の学生が死体を貰い受け、
 一時的に染織専攻の冷蔵庫に保存した。
 それを知らない教授が冷蔵庫を
 開け、大騒ぎになった・・(p29)


■東京藝大は、
 遅刻、服装自由の美術学部と、
 練習漬けの音楽学部から
 構成されています。


 美術学部は、絵だけでなく
 彫刻、陶芸もあるから、
 物を作る肉体労働者のような雰囲気。


 一方、音楽学部は
 コンクールを目指して一日中
 ひたすら練習する狂人なのです。


・器楽科ピアノ専攻三年生の
 三重野奈緒さんに聞いてみた・・ 
 「とにかく練習ですね。
 授業のない日なら、
 だいたい9時間くらいは自主練します。
 休憩を挟んで、
 3時間を3セットという感じで」(p119)


■芸術家というのは、
 違う世界にいる人なのだな、
 と感じました。


 変な人だから認められる
 世界があるのは
 大事だと思いました。


 ただし、アーティストとして
 食べていける人は
 一握りらしいです。


 二宮さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・美校の現役合格率は約2割。
 平均浪人年数が2.5年・・
 美大受験予備校に通うのが一般的だ。
 ここでデッサンなどの練習を積む(p48)


・藝大の工芸科は基礎課程と
 専攻課程に分かれている・・
 専攻の数は六つ。
 陶芸、染織、漆芸、鍛金(たんきん)、
 彫金(ちょうきん)、
 鋳金(ちゅうきん)だ(p133)


・「アーティストとしてやっていけるのは、
 ほんの一握り、いや一つまみだよね」
 楽理科卒業生の柳澤佐和子さんが、
 あっさりと言った。
 「他の人は卒業後、何をしているの?」
 「半分くらいは行方不明よ」・・
 まさかと思って調べたが、
 これがほぼ事実なのだ(p232)


・音校は何かとお金がかかるのよ。
 学科にもよるけど、例えば演奏会のたびに
 ドレスがいるでしょ。
 ちゃんとしたドレスなら
 数十万はするし、レンタルでも数万(p41)


・いい楽器を使わないと、
 受験でも不利なんです。
 僕は浪人した時にローンを組んで、
 新しいホルンを買いました。
 定価が130万で、少し負けてもらいましたけど、
 それでも100万はね(p42)


・ピアニストにとって指は商売道具だもの。
 傷つけて演奏ができなくなったら大変、
 練習できないだけでも困る。
 一日練習しないと、三日分ヘタになるって
 言うくらいだからね。
 重いものも持たないし、スポーツもしない。
 それは、プロならばより意識しているはずよ。
 私も高校の頃は、体育は見学してた(p44)


・巨匠は、まるで息をするように
 ヴァイオリンを弾くんですよ・・
 ヴァイオリン奏者って、
 骨格が歪んでいるんです・・
 顔の左右が対称でなくなったり、
 下側の歯並びが悪くなったり、
 足や腰の左右のバランスが
 変わっていったりするんです(p122)


・邦楽とは日本の古典音楽であり、
 その歴史は千年を超える。
 たとえば、神社での結婚式で
 流れる音楽などがそうだ。
 邦楽科を擁するのは日本で唯一、
 東京藝術大学だけ。
 三味線音楽、邦楽囃子、日本舞踊、
 筝曲(そうきょく)、尺八、能楽囃子
 (のうがくばやし)、雅楽(ががく)
 といった専攻が設けられている(p212)


・「藝祭はまず、神輿(みこし)
 パレードから始まるんだよ」・・
 驚くべきはこの神輿のクオリティ・・
 怪獣映画が撮れるレベルだと思う・・
 優秀作は、上野商店街が二十万円ほどで
 買い取ってくれるという(p256)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常
二宮 敦人
新潮社
売り上げランキング: 4,081

【私の評価】★★★☆☆(77点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

1.不思議の国に密入国
2.才能だけでは入れない
3.好きと嫌い
4.天才たちの頭の中
5.時間は平等に流れない
6.音楽で一番大事なこと
7.大仏、ピアス、自由の女神
8.楽器の一部になる
9.人生が作品になる
10.先端と本質
11.古典は生きている
12.「ダメ人間製造大学」?
13.「藝祭」は爆発だ!
14.美と音の化学反応



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)