本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「なまけ者のさとり方」タデウス ゴラス

(2017年7月25日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

なまけ者のさとり方


【私の評価】★★★★☆(80点)


■人は意識レベルで振動している、
 バイブレーションレベルがある
 と教えてくれる一冊です。


 つまり
 高いバイブレーションの人と、
 低いバイブレーションの人がいる。


 そのバイブレーションレベルは
 自分で変えることができます。


 例えば、愛の言葉、素直な行動、
 褒められること、大きな声・・は、
 バイブレーションを高めます。


 反対に、怒り、恐怖、逃げること、
 否定的な言葉は、バイブレーションを
 低めるのです。


・人間の体は、さまざまの意識レベルで振動している、無数の生命のすばらしい集合体なのです(p35)


■バイブレーションという
 考え方は面白いと思いました。


 否定的な人は振動数が低い。
 人の失敗は指摘して、
 自分の失敗には甘い。


 そこに振動数の高い人が
 入ってくると、
 振動数が合わないので
 ぶつかることになります。


 ベテランが年下上司をいじめたり、
 姑が嫁をいじめるのは
 振動数が合わないからです。


 振動数が合わない人とは
 会わないようにするのが
 良いのかもしれませんね。


・相手に、あなたを引きずり下ろそうという気持ちしかないとわかったら、あなたの方から彼との関係を絶ってもよいのです・・罪悪感を感じないでください。自然の摂理なのです(p78)


■人にはバイブレーションのレベルが
 あるということは、
 非常に重要な気付きでした。


 ある人は「オーラ」と言ったり、
 ある人は「肚」と言ったり
 しているものなのでしょう。


 ただ、文章が非常にわかりにくい
 のが何点です。


 深く掘り下げるべき
 発見でした。


 ゴラスさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私たちは必ず、自分のバイブレーションのレベルに応じた、ものの見方や体験をしているのです(p16)


・あなたのバイブレーションが上がるにつれて、過去では避けていた種類の体験に出会うようになったり、今、あなたが表面意識で欲していることとは違うことにぶるかるようになる(p29)


・私たちは自分が安心していられるバイブレーションのレベルに、いつも戻ってゆこうとする傾向がある(p30)


・今のあなたのままで、できる限り愛しなさい・・うそだと自分で思っても・・、「私はそれを愛している」と大声で叫んでみなさい。そして、「それを嫌っている自分を愛している」と言ってみなさい(p43)


・嫌なことから急に逃げようとすると、あなたは低いバイブレーションにつかまってしまいます。そして、一つ、嫌いなことから慌てて逃げ出すと、次々に同じような嫌な目にあうものです(p72)


・原因はあなたが低いバイブレーションレベルに落ち込んでしまっているところにあるのです・・あなたを傷つけようとする人がいたら、それを止めればよいのです。不愉快な人が訪ねて来たら、帰ってもらいなさい(p53)


・あなたの意識の中にないことを、あなたはコントロールすることはできません・・暴力の犠牲になっている人々の存在を無視していると、いつかはあなた自身が暴力の犠牲になってしまうかもしれません(p52)


・あなたが自分のバイブレーションを高めさえすれば、いつでも問題(精神的にも肉体的にも)を上手に避けられるようになって、世界が文字通り、よい方向へと変わってくるのです。愛は最も強力な魔法なのです(p74)


・低いバイブレーションを助長しないような助け方をしなければいけません。つまり、自分がその立場になったとき、人からしてもらいたいと思うことを、その人にしてあげるべきです(p82)


・あなたが発するすべての言葉や行動は、あなたがどんな世界に住むかを決めてゆくのです(p37)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ



【私の評価】★★★★☆(80点)


[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1章 私たちは誰か
第2章 ママ、僕、わかっちゃった!
第3章 楽しい日々を送るには
第4章 困難に直面したら
第5章 なぜ、私たちはここにいるのだろうか?
第6章 自己改革
第7章 振動数と時間の流れ
第8章 変化のプロセス
第9章 現実とは?
第10章 さとり方について


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: