本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「スーさんの「ガリガリ君」ヒット術」鈴木 政次

(2017年2月 8日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スーさんの「ガリガリ君」ヒット術

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■スーパーやコンビニでよく見る
 アイスクリーム「ガリガリ君」を
 開発した著者が教える仕事術です。


 社内では「鬼のスーさん」と
 呼ばれていたので
 熱血漢だったのですね。


 ばりばり仕事をするあまり
 部下の仕事に口を出したこともあり、
 今は反省しているようです。


・部下の仕事に口を出したり、
 手を出したりするのは、
 ある意味「考える機会」を
 奪っていることにもなります(p206)


■社内の人間関係についての
 話が多いのが印象的でした。


 いくら良い商品を開発しても
 上司や社内とぶつかっていては
 製品化できません。


 見当違いのことを言われても、
 「そうですね。わかりました」


 理不尽な質問をされても
 丁寧に答える。


 そうした表面的な人間的成長も
 何度かの失敗から
 学んだことなのです。


・上司に対してはとりあえず、
 「はい(YES)、わかりました
 と答えておき、心の中で
 「でも(BUT)、あなたの言っていることは
 断じて間違っていると思う」とつぶやいて、
 ことを収めるのです(p37)


■赤城乳業は社員数400人程度です。


 この規模の企業でも
 さまざまな価値観のある人とも
 うまくやっていかなくては
 ならないのですね。


 それが分かっていれば
 少しは精神的に楽になるそうです。


 鈴木さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・みんなで合意で商品開発すると、
 私の経験上、100%失敗します・・
 2人くらいでチームを作って
 開発するのがベストだと思います(p188)


・社会に出ると、上司から「予想外の」あるいは
 「理不尽な」ひどい評価を受けることがあります・・
 当たり前のことだと知っておけば、
 深く傷つかずにすみます(p31)


・伝え方・・ポイントは、
 「軸の部分がずれないようにすること」
 「その場の人たち全員がきちんと"腹落ち"
 するまで丁寧に説明する
こと」です(p123)


・大学を出たばかりの新入社員が
 「いや、自分はそうは思いません」
 と主張していては角が立ち、
 話が進みません・・
 まずは、相手の価値観について
 学ばせてもらう姿勢が大切です(p38)


・情報を得るために、関連する各業界に
 3人ずつ情報をもらえる人脈を
 作りました(p157)


スーさんの「ガリガリ君」ヒット術
スーさんの「ガリガリ君」ヒット術
posted with Amazonアソシエイト at 17.02.07
鈴木 政次
ワニブックス
売り上げランキング: 61,194

【私の評価】★★★☆☆(77点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 自分らしく働く
第2章 ヒット商品の本質
第3章 仕事を楽しくする極意
第4章 どんな時も折れない心の持ち方
第5章 真のリーダーといわれるための心構え


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: