本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「世界ナンバーワンの日本の小さな会社」山本 聖

(2016年9月12日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ナンバーワンの日本の小さな会社

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■独自のウィスキーブランド
 「イチローズモルト」を育てた
 肥土伊知郎(あくといちろう)さん。


 独自の皮製品を製造する
 「ソメスサドル」を育てた
 染谷昇(そめやのぼる)さん。


 この二人のベンチャー企業から
 ブランドの育成経緯を学びます。


・ものづくりとは関係のない
 表面的なところにエネルギーを割いても
 ブランドはできない(p73)


■肥土(あくと)さんの場合は、
 実家の酒蔵が倒産。


 日本酒製造は同業他社に譲渡。
 ウィスキー事業を自分で
 守っていくことにしたのです。


 染谷(そめや)さんの場合は、
 OEMでカバンを納めていた
 ブランドが倒産。


 独自の販路を見つける必要があり、
 自社ブランドでの商品販売を
 はじめたのです。


 ピンチはチャンスといいますが、
 どん底に落ちると、
 あとは昇るしかないということですね。


・秩父の30年物を飲みたいという夢。
 夢をもつとエネルギーが湧いてきます
 エネルギーはどんな困難があったとしても、
 自分を動かしつづける原動力となり、
 さらに周囲を動かすこともできます(p87)


■ブランドには、製品の品質が
 基本だと思いました。


 基本があって
 そこからいかに消費者に
 知ってもらうのか。


 その立ち上げには
 集中力と労力が必要だと
 感じました。


 山本さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・スコットランドでも昔は蒸溜所が
 何百箇所とあったそうです。
 しかし、いいものだけが残り、
 その他は淘汰されてきました・・
 なぜその技法だと市場で
 勝ち残ることができたのか?(p54)


・結果的にはあのOEM先の倒産があったからこそ、
 自社ブランドが世に大きく出るきっかけが
 つくれたわけですから、
 世の中どう転ぶかわかりません(p131)


・世界のスーパーブランドは、
 基本的に直営店での販売がメインです・・
 百貨店のブランドに頼るだけでなく、
 自前のショップを持ってお客様と直接
 関わり合う機会を増やしていかないと
 いけません(p153)


・企業の理想の姿は「先に夢を描き、
 現状とのギャップを少しずつ埋めていく

 ことだと思います(p190)


・『どこで買えるの?』と聞かれたときは、
 逆に『どこの酒屋さんと取引されているんですか?』・・
 バーに直接卸すのではなく、
 そのバーが取引している酒屋を聞き出し、
 そこを経由して売る(p37)


世界ナンバーワンの日本の小さな会社
世界ナンバーワンの日本の小さな会社
posted with Amazonアソシエイト at 16.09.11
山本 聖
クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2016-07-26)
売り上げランキング: 37,353

【私の評価】★★★☆☆(76点)




楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1章 ベンチャーウイスキー(埼玉県秩父市)
第2章 ソメスサドル(北海道歌志内市)
第3章 地元に愛され、独り立ちするブランドづくり10カ条


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: