本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「稼げる記憶術」矢沢 大輔

2016/08/20本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★☆☆(73点)


内容と感想

■記憶の基本は繰り返すこと。


 お客さまの名前を覚えるなら、
 会話の中で何度も名前で
 呼びかければいい。


 また、イメージと組み合わせて
 覚えるのも基礎的なものです。
 小河原さんなら小川のほとりで
 日向ぼっこしている人を
 イメージすればいいのです。


・人の名前を覚えたいなら、名刺に頼らず、相手の名前を呼びながら会話を進めるようにするといい(p98)


■プレゼンを記憶するときも
 プレゼンのストーリーをイメージで
 記憶していきます。


 さらに話の構成を階層化して
 マインドマップのように
 頭に入れておくといい。


 具体例も多く基本的な記憶法が
 網羅されていると思いました。


 矢沢さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・覚えたいと思っていることを、意識的に人に話す(アプトプットする)ようにすれば、自然に覚えられる(p136)


・15分かけて30個の単語を、ひとまず覚えてみる・・・翌日、また15分かけて・・・その次の日もまた15分かけて覚え直す・・・45分を費やしたことになるが、30個の単語の定着率は、分散学習で記憶したほうがよくなるのだ(p62)


・一度覚えた単語を、確実に長期記憶化していくためにも、最低でも5回の復習が必要(p209)


・単語帳に赤いシートをかぶせて意味を思い出す訓練を繰り返すなら、目で「スペル」を見ながら、口を使って「読み」と「意味」を発生しながら行うほうが、同じ時間内でより効果的に覚えられるようになる(p64)


・プレゼン・・・「見る」という意識を持って全体をゆっくり見渡す・・・落ち着いて周りの反応を見ながら、プレゼンを進められるようになる(p132)


・1回目の読みの目的は、「全体」の大枠をつかむことなので、「速読」を行う・・・2回目の読みに入ったときに、読解力が上がる(p173)


・「最近、こんな本を読みましてね・・」と内容を教えてあげる・・・ブログやアマゾンのレビューに紹介文を書いてみる(p185)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです


【私の評価】★★★☆☆(73点)



目次

1 記憶術を知る
Chapter1 稼げる人は記憶の達人
Chapter2 記憶術の基本のキホン
2 ビジネスに直結する記憶術
Chapter3 専門用語・商品情報を記憶する
Chapter4 顧客情報・商談内容を記憶する
Chapter5 プレゼン・営業トークを覚え、相手の記憶に残す
Chapter6 苦手な数字を記憶する
Chapter7 ビジネス書の内容を記憶する
Chapter8 外国語(単語)を記憶する


著者紹介

 矢沢 大輔・・・心と脳の仕組み研究所所長。1963年、大阪生まれ。新聞配達をしながら、独学で大学入学資格検定に合格。23歳のときに釣船の船頭から阪急百貨店のコピーライターに転職。その後、20年間、コピーライターとして広告制作に携わる。日本デザインセンター在籍中に、NLPとコーチングを学び、矢沢研究室長として研修事業を立ち上げる。2010年に独立。アクティブ・ブレイン協会認定講師/読書法講師。CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: