「自分を育てるのは自分」東井 義雄

| コメント(0) |

自分を育てるのは自分

【私の評価】★★★★☆(83点)


■寺の住職であり、学校の先生である
 東井先生から10代の子どもへの
 メッセージです。


 それは、自分という人間を
 粗末にしないこと。


 自分の人生をどうするかは、
 自分が判断できる
 ということです。


・世界でただ一人の私を、
 どんな私に仕上げていくのか
 その責任者が私であり、
 皆さん一人ひとりなんです(p19)


■印象的であったのは、
 テレビをいつも見ている人は、
 奴隷であると断言していること。


 パチンコにしても、
 タバコにしても、
 止められない人は、
 その業界に支配されている。


 自分で人生を切り開くことが
 できないという点では、
 鎖のない奴隷と同じなのでしょう。


・この自律の力がどれだけついたか・・
 一番ようわかるのは、皆さんがテレビに対して
 どうしているかということ・・
 一番たくさんテレビを見ているのは、
 学校から帰って四時間。
 これはテレビの奴隷です・・(p40)


■自分の人生だから、
 自分が責任を持たないといけない。


 10代の子どもに
 わかるでしょうか。


 せめて、大人には
 わかってほしいですね。


 東井先生、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分の人生を自分で粗末にする。
 これをバカといいますね。
 どうか皆さんは、
 自分で自分の人生を粗末にするような
 バカにはならないよう
 お願いしたいんです(p96)


・結局「僕の十年先を見とれ!
 ということにならんと、 
 人間はものにならんということです(p56)


・とんなつまらんことでもよろしいから、
 ここまで続けたという自慢話になるような
 自慢を育てていただきたい。
 簡単なことでいいんです・・
 ほんものは続く、
 続けるとほんものになる
(p77)


・お父さん、お母さんの助言が、
 自分に気に入らないからといって聞けないようでは、
 ろくな人生過ごせんと覚悟しなさい(p51)


・皆さんがあんまり恵まれすぎていて、
 自分でよほどしっかりしていないと、
 自分をダメにしてしまうということです・・
 「生まれてよかったな。やるぞ」
 という可能性を育てるためには、
 よほど自分で自分を大切にする覚悟を
 持っていなくてはダメだということです(p31)


・道にいい道、悪い道
 とうのがあるのではない。
 その道をどんなふうに
 生きるかという、
 その生きざまによって
 良く見える道も悪くなったり、
 悪く見える道も良くなったり
 するんですね(p1)


自分を育てるのは自分
東井 義雄
致知出版社
売り上げランキング: 15,253

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

私を私に育てる責任者は私
バカにはなるまい



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)