「最強経営者の思考法」嶋聡

| コメント(0) |

最強経営者の思考法

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■松下政経塾に入塾後、
 民主党議員としてでマニュフェスト導入に係り、
 その後ソフトバンク社長室長として
 ボーダフォン買収から孫正義の近くにいた
 著者の一冊です。


 孫正義は、ソフトバンク時代から
 何兆円という商売をしようと
 考えていました。


 現在のソフトバンクは売上8兆円を
 超える規模にまでなっています。


・松下幸之助・・本当の政治家は
 100年先、200年先を考える・・
 孫正義・・迷ったときほど遠くを見よ。(p40)


■確かに、両者とも
 計画を絶対に達成するのだ、
 という気迫がすごい。


 大きな計画をつくり、
 それを死守するために
 知恵を出し、汗を出す。


 そうした命をかけるほどの覚悟が、
 会社の運命を左右するほどの場面で
 違いを作っていくのでしょう。


・孫正義の答えは・・
 「背が低かったら高くなる靴を履け。
  屋根に届かなかったら、ハシゴを持ってこい。
  飛び道具でも何でもあり
  何が何でも、目標を達成する」(p96)


■松下幸之助の立場になって考えてみると、
 孫正義と比べてほしくないと
 感じました。


 孫さんには孫さんの道がある。
 松下には松下の道が
 あったのだと思います。


 少なくとも、
 手段を選ばないという孫さんと、
 松下幸之助とはちがうと思いました。


 嶋さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・孫正義は「ニッチを狙え、という人はバカ
 とまで言ったことがある。
 「私は30年後のど真ん中のど真ん中を狙った」(p18)


・松下幸之助は、「貧乏の克服」という使命の実現には
 多大な年月が必要であるとし、250年間で達成しようと
 超長期の計画を提示した(p27)


・松下幸之助が成功のコツを教えてくれるという・・
 「・・それはな、成功するまでやめんこっちゃ」・・
 孫正義も「やり抜くこと。それが成功の近道」
 と言う(p51)


・孫正義も若い頃に「成功したければ
 『運のいい人』と付き合え」と
 言っていたそうだ(p118)


・自分で自分を褒められるほど頑張ったか?・・
 孫正義は「あまり休日が続くと疲れる。
 だからゴールデンウィークは休日のない
 外国へ行って仕事をする」と言っていた(p126)


・次の繁栄は太平洋へと渡ってアジアに来る。
 それはな、私のカンや。(松下幸之助)
 スプリント買収、1ドル80円のときに投資した理由。
 最後は私の「直感」です。(孫正義)(p150)


最強経営者の思考法
最強経営者の思考法
posted with amazlet at 16.05.04
嶋聡
飛鳥新社
売り上げランキング: 149,774

【私の評価】★★★☆☆(77点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 松下幸之助と孫正義に見る6つの成功法則
第2章 最強経営者が実践した7つの成長戦略
第3章 最強経営者が備えている6つの条件
第4章 最強経営者になるための6つのリーダースキル
第5章 最強経営者ならではの8つの行動原理



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)