「ほんとうは共産党が嫌いな中国人」宇田川 敬介

| コメント(0) |

ほんとうは共産党が嫌いな中国人 (PHP新書)

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■ジャーナリストの宇田川さんが、
 多くの中国人に取材した結果から、
 中国という国を考える一冊です。


 まず、基本的にマスコミと中国共産党は
 中国の悪いところは報道しないという
 協定を結んでいた経緯があること。


 そして、マスコミと政治家に
 中国共産党と近い思想を持っている人が
 存在することにより、
 本当の中国という国を理解するのは
 難しい状況にあるということです。


・中国における共産党に批判的な勢力や,
 民主化運動家の意見などは,当然
 「協定違反」となってしまうために,
 日本の報道機関は,「自粛」してしまう。・・
 中国の真実の姿が伝わらなく
 なってしまっているのである(p249)


■中国人から見ても、
 中国はあまり希望が持てない国のようです。


 なぜなら、
 すべてが中国共産党に支配されており、
 中国共産党での出世は、
 コネや賄賂で決まるから。


 信じられるのは、
 自分の家族と、仲間しかいない。


 自らの力で相手の足を引っ張ってでも、
 競争に打ち勝たなければならないのです。


・共産党は結局実力主義でもなんでもなく,
 派閥やコネで大きく左右されるところです。
 ですから,実力はなくてもコネは強い同期や後輩が,
 自分より上の地位に早く出世してしまったり・・(p53)


■「渡る世間は鬼ばかり」というドラマがありましたが、
 日本も中国の自治区になると
 そうした世の中になってしまうのでしょうか。


 中国人自らの手で、
 良い国にしていただきたいものです。


 宇田川さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本には,強力なリーダーはいませんが,
 すべての人が会社のために働きます。
 中国人は,すべての人が自分や
 自分の家族のためにしか働きません
(p118)


・日本に来て驚いたのは,ウイグル弾圧のニュースは
 テレビでも新聞でもほとんど見ることがないことです。
 だから,中国共産党に近い思想を持っているような人も
 少なくないし,そのような政治家まで存在します(p204)


・日本企業は失敗を隠す・・・
 ヤマハの部長がココム違反にまでなってラジコンヘリを
 輸出したが,中国で無人機ができたらヤマハとの
 取引はなくなった。バルチックカレーなどは,
 中国にチェーンオペレーションを導入したのち,
 中国で営業許可が出なくなってしまい,とうとう
 日本の本社も倒産してしまった(p233)


・経費をもらうような賄賂はほとんどありません。
 何らかの利権をもらい,子供などにその利権をつける,
 自分の持っている資産の価値を高めてもらう,
 あるいは,海外の投資物件に投資を斡旋してもらう
 といった手法もあります(p57)


・天安門事件のような時に,中国の国民に対して
 平気で銃を向けられるのである。
 共産党の軍隊であるから共産党を守るために
 出動するのであって,国民を守るために
 出動するのではないのである(p73)


・周近平は,力のある人物を失脚させ,
 その後釜に,自分が福建省や上海市長で
 あった時に親しかった人を入れるというような
 人事を平気で行います(p83)


・中国には『北京の人は中国を守る。
 大連の人は国を売る。上海の人は国を出る』
 という言葉があります(p38)


ほんとうは共産党が嫌いな中国人 (PHP新書)
宇田川 敬介
PHP研究所
売り上げランキング: 34,661

【私の評価】★★★☆☆(73点)




楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 知っておきたい現代中国の身分制
第2章 中国共産党上層階級による習近平批判
第3章 企業家と都市生活者の本音
第4章 日本を哀れむ農民、反日デモを利用する黒社会
第5章 怒れる「自治区」の住民たち
第6章 なぜ日本には反日中国人しか伝わらないのか



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)