「達成の科学―確実にゴールへ導くステップ・バイ・ステップの招待状」マイケル・ボルダック

| コメント(0) |

達成の科学――確実にゴールへ導くステップ・バイ・ステップの招待状

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■目標達成コーチが教える
 目標達成の手法です。


 まず、コーチが指示するのは、
 アファメーション(自己暗示)です。


 そして、宝地図(夢マップ)を作り、
 成功をイメージする。


 具体的にイメージできたものしか
 実現しない、
 ということなのでしょう。


・コーチは次に、「毎日20分間インカンテーション
 (感情を伴ったアファメーションや自己暗示のこと)
 をしてください」と言いました(p75)


■世の中には、
 目標達成コーチと反対に、
 親切に成功の足を引っ張る人がいます。


 今のことだけで精一杯で、
 やれるはずがない。


 こうした"できない理由"を見つけ出し、
 自分だけでなく周囲の人も
 引き込もうとする人です。


 そうした人は、これまで
 成功してこなかった自分の経験から、
 確信を持って何もしないという
 選択肢を選ぶのです。


・重要なのは、自分の成長を助けてくれる人と
 付き合う
ことです。もし人生の中であなたの成長を
 阻止している人がいれば、そういった人たちから
 距離を置く必要があるのです(p162)


■コーチとしては、
 付き合う人を選びましょうと
 アドバイスしています。


 成功していない人にではなく、
 成功している人にアドバイスを
 求めるのです。


 ボルダックさん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・彼は、4日間の全セミナーを一言一句
 丸暗記してすべてを復唱していたのです・・
 モチベーションとは出来事ではなく
 習慣だと気づいたのです。(p67)


・ビジョンボードに記された私が将来
 手にするであろうそれぞれの利益を見て、
 すでにそれを手に入れたと想像し、
 「これを手にした今、どう感じるか?
 と質問するのです(p85)


・いずれにせよ、私たちは行動を取ることで
 つねに結果を得ているのです。
 結局は、とにかく行動を起こさなければ
 何も生まれません(p192)


・成功は、たまにやることではなく、
 一貫して行う行動によってもたらされる(p195)


・悪い付き合いは、良い習慣を台なしにする
 コリントの信徒への手紙1 第15章第33節(p143)


・マスターマインドグループ・・・
 プランを改善するために2名以上で構成された
 グループを持つことが、フィードバックを得る
 もう1つの方法です(p186)


▼ブログで読む

達成の科学――確実にゴールへ導くステップ・バイ・ステップの招待状
マイケル・ボルダック
フォレスト出版 (2015-01-07)
売り上げランキング: 4,999

【私の評価】★★★☆☆(78点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

Prologue 「達成の科学」とは何か?
Chapter 1 「できない」のは痛みと快楽を理解していないから
Chapter 2 最高のモチベーションの生み出し方
Chapter 3 無意識の障害「リミティング・ビリーフ」を壊す
Chapter 4 生き方に急激な変化を起こす行動
Chapter 5 夢を現実化させるプランニングの技術
Chapter 6 自動的に行動を生み出す7つの規律
Chapter 7 どんな障害にも打ち勝つ



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)