「ロボット兵士の戦争」P・W・シンガー

|

ロボット兵士の戦争

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■ロボットが戦争する時代が来ています。


 これは、武器が刀から銃に変わったときと、
 同じくらいのインパクトがあるはずです。


 銃が戦争を変えたように、
 ロボットが戦争を変えるのです。


■中東ではドローンが遠隔操作により、
 人を殺している。


 日本もそうした時代に
 適応していかなくては
 平和と安心は維持できないと思います。


 シンガーさん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・REDOWL(Robotic Detection Outpost with Lasers)・・・
 レーザーと音響探査機を使う・・
 部隊を大胆にも狙撃してくる敵がいれば、
 見つけ出して、直ちに赤外線レーザーで捕捉する(p168)


・ヒズボラはイスラエルの携帯電話ネットワークにまで
 入り込んで、戦場にいるイスラエル軍の司令官や
 兵士が本国にかける電話を盗聴し、無線のコードネーム
 など個人情報を手に入れた(p383)


・アルカイダは2001年のG8首脳会議の際、
 UAVを使ってブッシュ米大統領を暗殺することも
 検討した。「いずれは、プログラムされた
 セスナ機がビルに突っ込むようになるだろう」
 と、クリス・バリー米海軍少将は警告する(p389)


・2006年、アルカイダの部隊がイラクのバスラ郊外で
 イギリス軍を狙おうとしたとき・・・
 グーグルアースから基地の画像をダウンロードした・・
 アルカイダ側は迫撃砲の照準を、
 イギリス軍基地内の頑丈な建物ではなく、
 無防備なテントに合わせることができた(p392)


・多くの国は、実際に攻撃されなくても
 自衛権を行使できるとさえ主張する・・
 レーダーが飛行機を標的にすれば、
 飛行機のパイロットは吹き飛ばされるのを
 待つのではなく、先に攻撃できるという・・
 無人機に対する脅威だけで、下にいる
 人間に先に攻撃を仕掛けることができるのだろうか(p586)


ロボット兵士の戦争
ロボット兵士の戦争
posted with amazlet at 15.09.11
P・W・シンガー
日本放送出版協会
売り上げランキング: 183,942

【私の評価】★★★☆☆(70点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)