「企業買収」木俣貴光

|

企業買収

【私の評価】★★★★☆(84点)


■現役コンサルタントが
 経験した企業の吸収・合併(M&A)の流れを
 小説でまとめた一冊です。


 この本では大手食品会社が、
 海外事業を拡大するために、
 同業他社を吸収・合併しています。


 大きな流れを仮想体験することで、
 リアルな学びが得られるのです。


・戦略に合致した「よい企業」を買収したいのであれば、
 幅広い情報収集を行い、みずから積極的に仕掛けていく
 姿勢が必要である。意中の相手には、数年かけて口説き
 落とすくらいの根気が求められる(p18)


■法律や手続きもありますが、
 相手のあることなので、
 段取りや準備が大事と感じました。


 相手側が受け入れやすい
 状況をどう作るのか。


 どのような課題が起こる可能性があり、
 事前にどのような準備を
 しておくべきなのか。


 これらは知識と体験により
 積み重ねられるものなのでしょう。


・マスコミ対策も重要である。事前にマスコミに
 情報が漏れないよう細心の注意を払うことは当然の
 こととして、万が一、マスコミから記事が出た場合の
 対応も想定しておく
ことが望ましい。(p263)


■下手な経済小説より、
 面白く読むことができました。


 現実のM&Aでは実に
 いろいろなトラブルが起きる
 とのことです。


 本当に
 「現実は小説より奇なり」
 なりなんですね。


 木俣さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・お互いに相手への興味が確認できたところで、
 まずは両社トップによる会談を行うとよい。
 その会談でM&Aに向けて
 両社トップが意気投合できれば、
 その後の交渉はスムーズに進む(p32)


・相手とのやり取りは、われわれアドバイザーを
 通していただきたいんです。M&Aでは、
 情報を一元的に管理することがとても大事です(p58)


・債務超過会社の株主資本コストは、
 どう考えたらいいと思う?・・・
 数字の意味合いをしっかりと考えたうえで、
 評価対象会社の実態に合わせて割引率を
 設定しなければいけない(p81)


・交渉上、価格の根拠について相手方から
 提示を求められることがあるが、どこまで
 明細を提示するかは慎重に検討する必要がある。
 一般には、DCFの前提とした事業計画については
 開示しても、割引率の内訳までは開示しないことが
 多い。これは、割引率の設定に関して技術的な
 議論に終始し、交渉が本質とはずれてしまうことが
 往々にしてあるためである(p217)


・事業意欲が旺盛な経営トップがいる場合、
 他社への移籍や独立など、競合避止義務違反を
 犯すリスクがあることに留意が必要である(p235)


・経営における重要な経営資源であるカネ(財務)と
 ヒト(人事)
を管掌する管理部門担当役員は、
 経営管理を有効に機能させるために、
 買い手企業から派遣することが望ましい(p270)


企業買収
企業買収
posted with amazlet at 15.07.12
木俣貴光
中央経済社
売り上げランキング: 205,232

【私の評価】★★★★☆(84点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

プロローグ-突きつけられた売上目標
第1章 買収候補を探せ
第2章 プロジェクト始動
第3章 企業の価値とは
第4章 非常事態発生
第5章 粉飾の発覚
第6章 タイム・イズ・ザ・エナミー
第7章 見えてきたゴール
第8章 ポスト・ディールへの準備
第9章 クロージング
エピローグ-高島の決意


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)