「すごい速読術 ひと月に50冊本を読む方法」斉藤 英治

| コメント(0) |

すごい速読術 ひと月に50冊本を読む方法 (ソフトバンク文庫NF)

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■本は早く読むものがあってもよいし、
 熟読するものがあってもいい。


 早く読もうと思ったら、
 早く読めることが大事なのですね。


■そのためには、アウトラインを
 検索するように読む方法もある。


 また、目を広く情報を
 つかむような読み方もある。


 その場その場で、
 適当な読み方を選ぶということ
 なのですね。


 斉藤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・読書力が群を抜いていたといわれるのは芥川龍之介。
 和書、漢書、洋書の類を選ばず、
 その読書量は何万巻にも及ぶとか・・(p44)


・欧米速読術の源流とされる代表的知識人の一人、
 フランシス・ベーコンはどんな読書をしていたのか・・
 ベーコンは、その時々の読書目的やニーズ、
 読む本の種類や重要度に応じて、
 読書速度を自在に変化させていた(p135)


すごい速読術 ひと月に50冊本を読む方法 (ソフトバンク文庫NF)
斉藤 英治
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 595,740

【私の評価】★★☆☆☆(65点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 速読術を始める前に
第2章 すぐに使える日米精選速読術
第3章 全脳バランス速読術トレーニング編
第4章 月50冊読むための実践速読術


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)