「東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法」山口真由

| コメント(0) |

東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法

【私の評価】★★★★☆(84点)


■私の勉強法と似ているなあ~という
 印象の一冊です。


 私の勉強法は、
 3回問題集を解くというもの。


 一方、
 東大で司法試験に合格し、
 大蔵省入省の著者は
 7回読むというものです。
 

 勉強時間も
 はんぱありません。


・中学生のときは4時間、高校生のときは5時間、
 大学受験のときは10時間、司法試験を受けるときは
 14時間
 一日のうち、おおよそこれだけの時間を、
 勉強に割いてきました(p16)


■彼女は、
 勉強好きではありません。


 勉強は楽しくないからこそ、
 短時間で終わらせよう、
 という考え方。


 だから、
 試験で落ちる恐怖感が
 ハンパないと感じました。


 司法試験の口述試験前には、
 一日19時間を2週間、
 勉強し続けたといいます。


・勉強は楽しいものではなく、
 努力が必要と心得る。
 楽しくないからこそ、
 最短距離で目的を達成しようという
 動機が生まれる(p41)


■勉強法が確立されれば、
 あとはどれだけやるか、
 ということです。


 だれでも7回読めば、
 覚えるよなあ・・・。


 それをやれるかどうかが
 問題なのでしょう。


 山口さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・目標設定をするときは毎回、
 「たぶん、できる」と思えます・・・
 コツコツ積み重ねてきた数々の
 成功体験がもたらしたものでしょう(p21)


・どんな分野のどんなテキストであれ、
 軽く読み流すという作業を7回繰り返すだけ。
 いたってシンプルなんです(p36)


・間違いを気にせず、「ひたすら解く」・・・
 問題を通して知識を覚えるとともに、
 出題パターンを覚える作戦です(p78)


東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法
山口真由
PHP研究所
売り上げランキング: 2,054

【私の評価】★★★★☆(84点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ



■目次

「頭がいい人」がしていること
私の勉強ヒストリー
誰でもできる!「7回読み」勉強法とは?
努力とやる気を持続させる「メンタルコントロール術」
なぜ学ぶ?何を目指す?自分と向き合うと見えるもの


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)