「「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!」池田 千恵

|

「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■著者は、朝4時に起きて、
 「ひとり時間」を作っています。


 その「ひとり時間」に、
 職場での悩みを書き出してみる。


 5年後の自分を考えてみる。


 自分を、客観的に観察してみる。


 つまり、じっくり考える時間を
 作るのです。


・ノートに、洗いざらい
 自分が抱えている不安を記入する・・・
 自分が動くことで事態が解決しない不安は
 心配するのをやめ、
 自分が動くことで解決する(p164)


■「ひとり時間」を拡大していくと、
 自分の時間が増えていきます。


 運動する時間を取る。


 自分のためのセミナーに出る。


 喫茶店で本を読む。


 これは時間の無駄ではなく、
 時間を自分に投資している
 ことになるのでしょう。


・たった5分でもいい、
 自分がホッとできる時間、
 充実する時間、
 自分みがきができる時間、
 将来の準備ができる時間・・・
 それらを本書では「ひとり時間」と定義します(p35)


■私も「ひとり時間」が、
 大切だと思います。


 自分のための時間を作るために
 まず、朝起きが大事なのでしょう。


 池田さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「ひとり時間」は、
 自分で自分の人生に責任を持つための
 一つの手段なのです(p24)


・30分前行動を習慣にすれば、
 相手にも優しくなれる(p47)


・前もって、自分で自分に
 「この時間はこれをやる」
 と約束
しています。
 これが「作業ブロック」です(p70)


・「銀行振込をしなければ」
 「今週中に提案書を出さないといけないんだ」
 と、なんとなく気になりながら、
 なんだかんだ言って処理できていないものを、
 私は頭の「モヤ様」と呼んでいます(p74)


・起床時間を一定にするのではなく、
 睡眠時間を一定にしたほうが
 1日ハイパフォーマンスで過ごせる(p108)


・自分が担当すべき(自分にしかできない)仕事で、
 チームへの貢献度合いが高いものを優先的にこなし、
 誰でもできる仕事や、自分がやる必要がない仕事は
 他の人にうまく振り分けたりして、
 必要以上に時間をかけないようにします(p194)


・「早朝・帰宅時プチトリップ」・・
 帰宅前にカフェでのんびりしたりすることで、
 日々の生活にメリハリをつけてみませんか(p197)


運動は、運を動かすことになるんだよ・・・
 身体の筋肉を鍛えると、
 同時に心の筋肉も鍛えられる(p165)


「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!
池田 千恵
マガジンハウス
売り上げランキング: 150,493

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■目次

第1章:「ひとり時間」はなぜ大切なのか
第2章:「ひとり時間」の作り方
第3章:「ひとり時間」の使い方


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)