「並外れたマネジャーになる80対20の法則」リチャード・コッチ

| コメント(0) |

並外れたマネジャーになる 80対20の法則

【私の評価】★★★★☆(81点)


■いつも忙しそうにしているグループの
 課長が変わったら、
 残業がなくなったということがありました。


 同じ仕事をしているのに、
 なぜこんなに差が生まれるのか。


 それは、
 何を優先させ、何の手を抜くのか、
 はっきりさせているからです。


・毎日、優先課題を一つだけ選び、真っ先に取り組む(p196)


■定例の仕事は、部下に任せる。
 課長は、グループの課題に集中するのです。


 そうすると、普通の人からは、
 大きな課題だけに集中してもらっては困るという
 意見も出るでしょう。


 そんなことだから、
 普通の人は普通の結果しか生み出せないのだ、
 と言いたくても言ってはいけません。


 じっくり説得していきましょう。


・マネジャーが大事な課題だけに集中するのを妨げるものは多い。
 大事な課題に時間をじっくり取り、心を平静に保ち慎重に
 事にあたるには、過去を断ち切り、全員とはいわないまでも
 大多数の同僚とは一線を画す覚悟が必要だ(p185)


■この本を読んで、
 自分が目指している仕事のスタイルと
 似ていると感じました。


 実際には
 大事なことを大事にすることは
 普通の人には許しがたいことですので、
 同僚の納得と協力が必要だと思います。


 コッチさん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・世界の全上場企業の0.25%未満の企業が時価総額の約50%を占め、
 本の0.2%が売り上げの約半分を占め、医薬品の0.1%が
 製薬業界の売り上げの半分以上を稼ぎ出している(p39)


・80対20の法則にしたがえば、
 決定的に重要なごく少数の案件以外は、
 できるだけ下の人間に決定を委ねるべきだ。(p131)


・強い関心を示し、面談にこぎつけられる顧客だけに
 アプローチします。
 事前に相手のニーズを調べ、一つか二つの商品を売り込み、
 その後は聞き役に徹します。わたしが間違っていたら、
 素直に引き下がります。でも、たいていは
 勧めた商品のうちの一つは買ってもらえます(p188)


・仕事には二種類ある。
 第一は、地球の表面かその近くにある物事の位置を変えること。
 第二は、そうしろと他の人に指示することだ。(p238)


・投資家のウォーレン・バフェットは、
 純資産が500億ドルにものぼるが、
 その大半をもたらした重大な決断は10個にも満たない、
 と語っている(p241)


・こう考えよう。
 誰よりも高いレベルで、誰よりも少ない努力で
 達成できる価値あることは何か。(p268)


・幸せを探すこと自体が間違っている。
 幸せは、探すのをやめたとき、我を忘れて
 何かに没頭して意義を見出した瞬間に訪れるのだから(p154)


・大事なのはだ。
 人間を理解する基本的な力を養わないと、うまくいかない。
 そして、人は、自分に関心をもってもらえれば
 頑張るものなのだ(p104)


並外れたマネジャーになる 80対20の法則
リチャード・コッチ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 187,027

【私の評価】★★★★☆(81点)

■目次

第1部 質問―途方に暮れていないか
第2部 答え―八〇対二〇マネジャーになるための一〇の方法


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)