「東大生に最も向かない職業」春風亭昇吉

|

東大生に最も向かない職業

【私の評価】★★★★☆(81点)


■東京大学にも落語研究会はありますが、
 実際に落語家となった人はいませんでした。


 東大卒でも前座となれば、
 厳しい修行と一日千円


 しかし、ついに東大卒の
 落語家の卵が産まれました。


・楽屋では、前座は自分の師匠だけのお世話をすればいいのではない。
 楽屋にいるすべての師匠のお世話をしなければならないのだ。(p26)


■著者は、全日本学生落語選手権で三年連続決勝進出


 三年生の時には優勝しています。


 それも一日16時間も練習していた。


 それを苦にしないくらい
 落語が好きなのですね。


・二時間の稽古であれほどうまくなれるなら、
 その倍稽古したら、倍うまくなるに違いない。・・・
 二年目は一日四時間稽古して出場した。・・・
 一日四時間で決勝。それなら
 八時間やったら優勝できるのではないかと考えた。(p152)


■落語家の世界を知ることができるのが一点。


 そして、自分が没頭できる仕事がいいな、
 というのが一点。


 ちょうど落ちがいいようで。


 昇吉さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・師匠は、「綾小路きみまろさんは、中高年の悲哀という
 テーマを持ってるでしょ。・・自分を売り出しやすいように
 パッケージ化したほうがいいよ」とアドバイスした。(p73)


・好きなことを話して生活できるレベルに
 到達している落語家は、ほんの一握りだ。
 実際には、話す場さえない落語家が多い。(p113)


・僕は、友達とにぎやかにカフェで過ごすより、
 ラーメン屋で落語を聞く生き方を選ぶ。(p206)


東大生に最も向かない職業
春風亭昇吉
祥伝社
売り上げランキング: 172,171

【私の評価】★★★★☆(81点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 こうして僕は、落語家になった
第2章 師匠、一生ついていきます!
第3章 寄席の世界の素晴らしい先輩たち
第4章 職業としての落語家
第5章 受験勉強よりも大変だった落語の勉強
第6章 東大の忘れられない人たち
第7章 「面白い人生」って何だろう


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)