「一生食っていくための「士業」の営業術」原 尚美

|

一生食っていくための「士業」の営業術

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■またまた士業についての営業術です。


 著者が言うように「士業」とは
 ラーメン店と同じように
 ビジネスなのだと思います。


 競争相手は多い。


 その中で自分の強みを出して、
 お客様を満足させなくてはならないのです。


小さな「強み」を掛け合わせる・・・
 自分でパソコンの使い方を学びました。
 すると、「原さんはパソコンに詳しい人」という
 「強み」ができたのです(p67)


■日本では顧問料を取る会社が多いようです。


 ただ、だんだんと海外のように顧問料のない
 明朗会計事務所が増えている。


 どんぶり勘定の時代から、
 明朗会計の時代になる。


 そうした時代に合わせた
 営業戦略が必要なのかもしれません。


・料金表は、商品力を明確にするのと同時に、
 営業戦略にもかかわってくる・・・
 自分がどこに力を入れていくのか、
 つまりキャッシュポイントがわかってくる(p167)


■人それぞれ「強み」があるのだと
 思いました。


 その「強み」を利益につなげることができるのか。


 それが商売なのだと思います。


 原さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・みんなは表では(顕在的には)「節税、節税」と言います・・
 けれど、潜在的な本音は「会社をよくしたい
 「長く続かせたい」のはずです(p72)


・料金を明朗化する・・・
 ホームページをつくる以上は、
 料金表は絶対に必要です(p139)


・ただ紹介するのではなくて、
 本当に信頼できる人、
 問題になっている分野に強い人を紹介し、
 最後までフォローするということにしました(p183)


一生食っていくための「士業」の営業術
原 尚美
中経出版
売り上げランキング: 2,847

【私の評価】★★★☆☆(71点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 「士業」として生き抜くために知っておきたいこと
第2章 稼げる士業になるための「マインドセット」―志
第3章 100人の見込客より「目の前の1人」を大切にしよう―お客さまのメリット
第4章 「価格競争」に巻き込まれないために、やっておきたいこと―価格戦略
第5章 「商品力」こそ最大の営業ツール―商品力


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)