「ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム」古屋晋一

| コメント(0) |

ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■ピアニストは、音をイメージするだけで
 指が動くという。


 私は、文書を考えるだけで、
 指が動きます。


 慣れなんでしょうね。


 古屋さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ピアノのレッスンを受けた子供たちは、
 手指を動かす脳部位の体積が大きくなっており、
 初めよりも素早く指を動かせるようになっていました(p16)


・ピアニストは、当然ながらいちいち「次にどの指を動かして・・」
 といったことは考えません。
 音をイメージするだけで、自然に指が動きます。(p35)


ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム
古屋晋一
春秋社
売り上げランキング: 11,546

【私の評価】★★☆☆☆(62点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)