「外国人投資家」菊地 正俊

|

外国人投資家 (新書y)

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■2007年の本ですので、やや古い感がしますが、
 外国人投資家というものを学ぶ一冊です。


 外国人投資家というハゲタカと言われますが、
 ふつうに利益を求める合理的な投資家と
 感じました。


 外国人であれ、日本人であれ、
 投資におけるリスクは同じなのです。


・3市場の売買シェアでは約半分を外国人投資家が占め、
 2位の個人投資家は3~4割程度です。2005年末に・・(p69)


■外国人投資家の特徴は、
 日本人よりも逆張りが多いということ。


 つまり、ある程度のリスクを負っても
 大きなリターンを目指す人が多いということ。


 株価が下がっているときに、さらに下がるのでは、
 と考えるのか、今が安値の買い時と考えるのか、
 ということです。


・順張りが多い国内機関投資家と異なり、割安株に投資する
 バリュー投資家、企業再建を目指すプラベートエクイティ、
 企業の資金調達に絡んだ複雑な取引をするヘッジファンドなど、
 外国人投資家には底値買いをする幅広い投資家層がいます(p202)


■日本では外国からの投資に危機感を持つ人が
 多いようですが、ふつうの国家は外国からの投資を
 呼び込もうと必死です。


 なぜなら、外国からの投資が入れば、
 国内経済のプラスとなるから。


 どんどんハゲタカに
 日本に来てもらいたいですね。


 菊地さん
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・海外では年金が国内株の主な買い手になることが多いのに、
 日本では信託銀行による国内株の売却傾向が続いています。
 日経平均が7600円台をつけた2003年度に、信託銀行は約6兆円
 の株式を売却しました。日本株が中長期的に高いリターンを生む
 という思いが強い外国人投資家から見れば、・・・
 日本の年金がなぜ日本株を売却して、国債を買っているのか
 不思議に思うようです(p84)


・外国人投資家は「Reform(改革)」や
 「Deregulation(規制改革)」という言葉が大好きです。
 外国人投資家は政策の細かいことはわからないので、
 小泉前首相の「改革なしに成長なし」と繰り返したことは、
 外国人投資家のフィーリングに合っていたといえます(p176)


・外国人投資家はM&Aの話が好きです。
 欧米では企業が商品のように売買されるのが一般的
 であるうえ、M&Aは世界的に増加しています(p207)


・英国のインターナショナル・フィナンシャル・サービス社
 によると、世界のファンドの運用資産は1998年の33兆ドル
 (約3800兆円)から、2005年には55兆ドル(約6300兆円
 に増えました。日本の銀行の総資産が760兆円、東証1部の
 株式時価総額が約500兆円・・・(p229)


・買収して経営権を握るほどの株式(通常50%以上)を
 保有しなくても、5%以上の株式を保有して積極的に
 経営陣に働きかけ、経営内容の改善、株主価値の増加、
 増配や自社株買いを求めるファンドはアクティヴィスト
 (活動家)・ファンドやコーポレート・ガバナンス
 (企業統治)・ファンドと呼ばれます(p48)


・2006年6月に成立した「金融商品取引法」によって、
 機関投資家が5%超の株式を取得した際の大量保有報告義務の
 特例措置が見直され、3カ月毎に翌月15日までの報告から、
 2週間毎に5営業日以内に報告しなければならなくなりました(p55)


・靖国参拝問題は外国人投資家にとっては理解が難しいようで、
 大局的見地から、経済的メリットが大きい隣国と仲良く
 すればいいのにとの見方が外国人投資家には多くあります・・・
 欧州でいえば、ドイツとフランスは第二次世界大戦を
 戦った仲ですが、今ではEUやユーロを通じて
 緊密な協力関係にあります(p155)


外国人投資家 (新書y)
外国人投資家 (新書y)
posted with amazlet at 13.04.18
菊地 正俊
洋泉社
売り上げランキング: 292,469

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)