「他社から引き抜かれる人の仕事術」中山 遼二

| コメント(0) |

他社から引き抜かれる人の仕事術

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■コンサルタントが教える
 仕事のできる人の特徴です。


 仕事のできる人は、
 会議で発言します。


 仕事ができるから発言するのではなく、
 発言するよう努力してきたからこそ
 仕事ができるようになったのでしょう。


・他社から引き抜かれるような人は
 KY(空気読めない)ではありませんが、
 AKY(あえて空気読まない)な人は多くいます(p66)


■仕事のできる人は、
 それまでの蓄積と経験から
 基本ができています。


 現場に行って、自分で見る


 一次情報(引用元の書籍や法令等)を
 取り寄せて、自分で読んでから判断する。


 だから、自分なりの
 代案を用意する
ことができるのです。


・重要なことに関しては、必ず
 一次情報を押さえにいくことを
 忘れてはいけません(p104)


■仕事のできる人はどこにいるのだろう。


 私はこれまで二人しか
 会ったことがありません。


 たった二人でも出会えただけ
 幸運なのかもしれませんね。


 中山さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


朝の時間に業務を行うことで二つのメリットがあり、
 一つは周囲への印象が大変良くなること、
 もう一つは最も頭が働く静かな時間であるので、
 業務が大変はかどることなのです(p84)


・現場に足を運び続ける(p106)


・【第1段階】目の前の業務で成果を出す
 【第2段階】その成果をまわりの人に知ってもらう
 【第3段階】「こいつと一緒に仕事がしたい」と思ってもらう(p8)


・フレームワークに溺れるな・・・
 「フレームワークに溺れて
 物事の本質をとらえきれていない」(p34)


・会議で発言しなければ無価値(p56)


・しかし、所詮人間は感覚の生き物です。
 「よくやっているな」とか「この人は本気だ」とか、
 感じてもらうだけで、実は成果に対する
 納得感が変わってしまう、ということも事実なのです(p123)


他社から引き抜かれる人の仕事術
中山 遼二
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
売り上げランキング: 244,957

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■目次

第1章 知識も小技も身につける
第2章 成果にこだわる
第3章 体調・時間・お金の管理を徹底する
第4章 情報収集・発信に長けている
第5章 魅せ方にもこだわる
第6章 キャリアを描き、チャンスをつかむ
第7章 視点を高く持つ
第8章 人間に向き合う
第9章 心を平穏に保つ


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)