「人前で3分間、あがらずに話せる本」金井 英之

|

人前で3分、あがらずに話せる本

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■7か所に「話し方教室」を開設している
 金井さんの一冊。


 こちらは3分間スピーチを
 基本としています。


 3分間というと短いようで、
 十分長いと思います。


 しっかりとした準備が必要であり、
 準備が自信を生むのです。


・あがるのは準備不足のせい(p96)


■金井さんの方法は、
 あらすじ原稿を作って、
 練習するというもの。


 丸暗記するのではなく、
 「あらすじ」で
 流れを押さえておく。


 あとは細かな工夫と
 ひたすら練習です。


・練習するときは、イメージのなかで
 当日の様子をリアルにシミュレーションするのです。
 満員の会場で司会者から紹介されてマイクの・・・(p120)


■こうしてみると、
 スピーチはとにかくやってみること。


 そしてスピーチを録音して、
 変えるべきところは変えていく。


 この繰り返しが上達の
 秘訣なのでしょう。


・ヴォイスレコーダーなどをポケットに入れて、
 人と会話をしているときや人前で話しているところを
 録音して年中聞いてみる・・・
 自分の声の改善点に気づいたらすぐに直しましょう(p173)


■仕事においても、生活においても
 基本は人間関係です。


 人間関係はお互い話すことから
 はじまるのですから、
 できるだけ良い話し方を
 練習するべきなのでしょう。


 金井さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「主題+話題+主題」で組み立てる(p128)


・指導者として欠くことのできない資質とは、
 人前でのスピーチ力や説明力、説得力(p24)


・「三分間スピーチ」の基本を身につければ・・・
 一時間、二時間の話であっても、「三分の話」の
 積み重ねにすぎません(p90)


人前で3分、あがらずに話せる本
金井 英之
すばる舎
売り上げランキング: 158,989

【私の評価】★★★☆☆(73点)

■目次

Prologue あがりは誰でも克服できる!
1章 「プラスの暗示」を上手にかけよう
2章 コレがあがりを抑える「話し方の基本」だ!
3章 人前で三分、スラスラ話す方法
4章 話がスッキリまとまる「組み立て方」がある
5章 「最初の十秒」を決めればどんな話もうまくいく!
6章 聞き手が身を乗り出す話し方の「決定版」!
Epilogue 今すぐ行動を起こそう!


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)