「介護ヘルパーは見た」藤原 るか

|

介護ヘルパーは見た (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★★☆(81点)


■現役ヘルパーさんによる
 介護保険の現場レポートです。


 非常に驚いたのは、
 だれもが認知症になるということです。


 認知症になると、
 いやなことはイヤ、
 暴力的になることも。


 ある意味、脳の考える部分が弱くなって、
 子どもの頃の動物的な部分が
 残るということなのでしょう。


・認知症の高齢者についてもお話しますが、
 その数は現時点で300万人を超えており、
 なんと65歳以上人口の10人に1人にあたる(p5)


■介護ヘルパーとしてのアドバイスは、
 家族に介護が必要になったとき、
 自分だけでやろうとしないことです。


 あまり完璧にやろうとすると、
 疲れてしまい
 自滅する人もいるとのこと。


 プロに任せる部分は任せる、
 自分でやれるところを
 良い加減でやっていくのが
 良いということなのでしょう。
 介護は長期戦なのです。


・多くの家族を見てきましたが、
 あまりまじめにきっちり介護しようとすると、
 つぶれてしまうことが多いように思います(p146)


■いずれはだれもが直面する問題だと思います。


 最低限、こうした状況は勉強したうえで、
 判断をしていきたいものです。


 藤原さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・認知症が進んで飲み込む力も弱くなり、
 食事などに全介助が必要となったら、
 家族だけでめんどうをみるのは大変です。
 むしろ、介護施設などのようなプロの目が行き届く
 環境の方が安心・安全だといえます(p154)


・年に1回ある介護保険の更新時期になると、
 D子さんも私も別の意味でハラハラドキドキします。
 なぜなら、室内を5メートル歩けると判断されたら
 「自立」と認定され、生活援助をはずされてしまうからです(p114)


・私たちヘルパーの働き方を想像してみてください。
 決められた時間内に猛スピードで仕事をこなしたかと思うと、
 次の訪問先にダッシュで向かい、また猛スピードで
 仕事をこなす。それを日に何度も繰り返すのです。
 しかも、移動の時間は時給計算されない事業所が多く・・(p202)


・「生活保護の申請をしたら?そうすれば、差額の1万5000円を
  もらうことができて、おまけに家賃補助や通院のタクシー代も
  出るのよ」と話したことがあります。それに対する答えは
 「お上の世話にはならない」というもの(p111)


介護ヘルパーは見た (幻冬舎新書)
藤原 るか
幻冬舎
売り上げランキング: 1675

【私の評価】★★★★☆(81点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)