人生を変えるような良い本の要約を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法」福田 和也

2012/11/11本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法 (PHP文庫)


【私の評価】★★★★☆(83点)


要約と感想レビュー

■「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法」とは、
 インパクトのあるタイトルですね。
 福田さんは評論家です。


 ひと月百冊ですから、
 一日当たりは三冊で、
 これなら読むのは簡単なのでしょう。


 問題はいかにそれを理解し、
 自分ものとして原稿に
 昇華できるかということです。


抜き書きをすることで、書き手についての理解が深まります(p62)


■不思議だったのは、
 書くコツがほとんど書かれていない
 ということです。


 唯一のコツとして書かれてあることは、
 「形式」を意識すること。


 構成がしっかりしていれば、
 あとは筆力。


 書いて、書いて、書くうちに、
 なんとかなるということなのでしょう。


・「書くコツ」の身につけ方・・・まず「形式」について意識的になること。(p91)


■私がこの本からいただいた習慣は、
 本のページの角を折ることです。


 線を引く人も多いようですが、
 私には角を折るほうが
 簡単で合っていたようです。


 一日中、本を読んで、抜き書きして、
 原稿を書く。
 プロとはすごいんだなと感じました。


 福田さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・テレビは私にとっては情報の価値がゼロであるばかりでなく、書くことの邪魔であり、時間の無駄・・・(p99)


・私は今、常時一冊の手帳しか使っていません・・・とにかく管理の要諦は、情報を集約し、集中すること・・なぜ、集約しなければならないのか。探す手間が、省けるからです(p154)


・書いているものが行き詰った時にどうするか・・こういう時には、歩きます。(p189)


・二十代は、人生のモチーフを決定する時代
 三十代は、その選んだ領域で一人前になる修業時代
 四十代は、自分なりの、自分にしかできない仕事をする時代(p223)


▼引用は下記の書籍からです。

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法
福田 和也
PHP研究所
売り上げランキング: 72035


【私の評価】★★★★☆(83点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: