本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「コミュニティが顧客を連れてくる」久繁 哲之介

(2012年10月 4日)|


【私の評価】★★★☆☆(73点)


■地方都市、地域でのマーケティングを
 考える一冊です。


 人口減少、経済縮小で
 シャッター街が増えています。


 その流れを変えるためには、
 一つひとつのお店のオーナーが
 頑張るしかありません。


・「商店主の顔が見える店」・・・
 個店の経営者に一番重要な資質は、このように顧客から
 「応援したい」と思われる事にある(p96)


■大企業であれば、規模の経済、
 効率性を追求することができます。


 しかし、個人事業主であれば、
 自分の個性を生かすしかない。


 いわば、自分をブランド化するしかない。


 物語をつくって、
 それをお客に知ってもらう。


 自分のお店を中心に
 仲間のコミュニティを作るのです。


・商品の背後にある物語を伝えると、
 クチコミが起きる(p42)


■やはり地元のお店が元気にならないと
 地域経済の復活はありません。


 そのためにも個性的なお店が
 増えて欲しい。


 久繁さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・起業家の成功構図は、物語の構図に似ています。
 物語の醍醐味は、主役がキャスト(登場人物)たちと
 「共感しあい、支援される」過程に集約(p22)


・大都市大資本チェーン店の地域経済循環率は13%で
 あるのに対して、地元資本店の地域経済循環率は
 45%
です。(p49)


・顧客の声を聞くと、よく「~してくれたら、~できたら」
 という控えめな仮定の話が出てきますが、ここに
 ビジネス・チャンスを見いだすべきです(p127)


・マスコミは、集客力の高い素晴らしい店だから
 ニュースにするのではなく、
 マスコミがニュースにするから、集客力が高くなる(p186)


・無料で出せる新聞折込「自治体の広報誌」に
 先生役で登場しよう(p197)



【私の評価】★★★☆☆(73点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: