「よくわかる慰安婦問題」西岡 力

| コメント(1) |
よくわかる慰安婦問題
西岡 力
草思社
売り上げランキング: 3582

【私の評価】★★★★☆(84点)


■最近、お騒がせの慰安婦問題について
 勉強するために読んだ一冊。

 海外の人と話す場合もあるので、
 理論武装をしておきたかったのです。


 慰安婦問題について流れを見てみると、


1 1980年代、吉田清治が奴隷狩りや慰安婦について証言。
 (後に、捏造であることを告白)

 吉田清治は、日本共産党から立候補して
 落選するという過去を持つ男です。


2 1991年、朝日新聞が、
  吉田証言および慰安婦の証言を証拠に、
  慰安婦問題について報道。

 記事を書いた朝日新聞記者は、
 奥様が韓国人活動家の植村隆という男。

(取材において慰安婦は強制連行と言ってないが、
 そこはもちろんカット)


3 1992年、中央大学教授の吉見義明が、
  慰安婦に軍が関与していた資料を見つけたと
  首相が訪韓前のタイミングで朝日新聞が報道。

(その資料は、軍部が強姦などの問題が起きないよう
 慰安所の設置を提言しているもの。当時、娼婦は合法)


4 報道に対し、加藤紘一官房長官が従軍慰安婦について
  反省の談話発表。


5 宮沢首相が韓国訪問時に慰安婦問題について謝罪。

(実は、外務省は事実関係を調査せずに謝罪していた・・・)


6 いくら調査しても、強制連行の証拠が出てこない。

  強制連行を認めてほしいと主張する韓国に配慮して
  石原信雄官房副長官、谷野作太郎外務省アジア局長は、
  「広義の強制」というどちらにも読める理論を発明。

 1993年、河野内閣官房長官談話が発表される。


7 1996年、すべての中学歴史教科書に従軍慰安婦に
  関する記述が入る。


8 2007年、米国議会下院で
 「戦中、日本が女性を性奴隷として強制動員した」
  として日本の謝罪を求める決議が採択される。


9 2010年、米国ニュージャージー州に「従軍慰安婦の碑」建立。
  2011年、在韓日本大使館前に「従軍慰安婦の碑」を建立
  2012年、米国ニューヨーク州に「従軍慰安婦の碑」建立。


10 2012年、李明博(イ・ミョンバク)大統領が
  慰安婦の人道的解決を求めるも
  進展がないことを理由に竹島上陸。


 こうして見ると、慰安婦問題とは、
 反日工作成功の歴史であることがわかります。

 日本がナチスドイツのように
 人を組織的に強制連行し、
 奴隷のように使役し、殺したということを
 日韓だけでなく世界的に認識させることに
 成功しつつあるということです。


・本当に軍隊に連行されたと言っているのか・・・
 ところが金学順さんは、40円でキーセン(妓生(きしょう)。
 朝鮮半島の芸妓・娼婦を指す)に売られたと
 語っているではないか。(p29)


■慰安婦について検証していくと、
 名乗り出た慰安婦は、
 強制連行されたと言っていない。

 ビルマの慰安婦は、
 家が買えるほどの貯金を持っていた。

 調べれば調べるほど、
 報道されている強制連行された
 従軍慰安婦とは違うようです。


 あえていえば、軍が規律を維持するために、
 当時合法だった売春宿の設置を推進した。

 その売春宿で商売として
 稼いでいる人がいた。

 そういう意味では、
 河野談話もある意味正しいのですが、
 外国の人は慰安婦=性奴隷という
 イメージが一人歩きをしています。


・92年3月、名乗り出た元慰安婦、文玉珠さんが訪日し、
 軍事郵便貯金の払い戻し請求を行った・・・
 郵便局側が調査したところ・・・残高は2万6145円・・・
 その頃、5000円あれば東京で家一軒買えた(p89)


■本当の問題は、男性の強制連行、
 強制労働があったことであり、
 これを含めて、日本は韓国に賠償しています。

 しかし、その賠償金は個人の補償に使われず、
 製鉄所建設や道路建設に使われた。

 財閥や大きな企業だけが
 経済的に儲かった。

 強制連行された人は、
 韓国政府から無視されたのです。

 そうした韓国政府の失策を含めて
 すべては日本が悪かったことにしたいのでしょう。


・日韓基本条約によって、日本は無償3億ドル、有償2億ドルの
 いわゆる「請求権資金」を韓国に払った・・・
 これを国家建設に使う方針が打ち出され・・・
 個人補償は後回しにされた(p57)


■ハイジャックの要求どおり釈放してしまう
 日本ですので、政府の対応がいいかんげんなのは
 仕方がない面もあると思います。

 が、
 慰安婦の碑をどんどん建立するのは
 調子に乗りすぎ。

 太平洋戦争でもわかるとおり、
 日本人も切れると怖いですよ。


 我が家のサーバーは韓国製ですが、
 もう韓国製のパソコンを買うことはないでしょう。

 西岡さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・朝日新聞は、
 「主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」
 と書くことによって、このとき、吉田(清治)証言のような
 権力による強制連行があったと主張した(p26)


・私は吉見教授が発見したという「軍の関与」を示す文書を
 精読してみた・・・戦地で日本軍が強姦事件を起こすと
 敵の政治宣伝に利用されるので、軍紀を引き締めると同時に
 慰安所を設置することを提起している文書などだ(p34)


・私はすぐ、
 「吉見先生、朝鮮半島で権力による強制連行があったと
 証明できているのですか」と聞いた。
 すると、「それは証明できていません」と言ったのである(p128)


・国連人権委員会に初めて慰安婦問題が持ち込まれたのは、
 1992年2月である。実は、持ち込んだのは日本人だった。
 戸塚悦郎弁護士が2月25日、人権委員会で慰安婦問題を
 国連で取り上げるように要請したのだ(p156)


・2006年4月、米議会調査局は「日本軍の慰安婦」と題する 
 報告書を出している。・・・なんとその冒頭には、吉田清治の
 慰安婦狩り証言が引用されている・・・(p177)


よくわかる慰安婦問題
西岡 力
草思社
売り上げランキング: 3582

【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)