本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「広告でいちばん大切なこと」クロード・ホプキンス

2012/01/31本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

広告でいちばん大切なこと


【私の評価】★★★★☆(84点)


内容と感想

■80年以上前に書かれた
 広告の神様の一冊です。


 無料サンプル、クーポン券といった
 マーケティング手法をホプキンスさんが
 開発していったことがわかります。


 まず、庶民の考え方を知ることが
 広告キャンペーンを考えるうえで大切。


 そして、テストをする
 テストをすれば失敗を最小限に、
 成功の確率を高めることができるのです。


・キャンペーンの戦略や内容を考える時、わたしは常にひとりの庶民を思い浮かべる・・わたしは周囲にいる典型的なアメリカ人たちに尋ねる。彼らこそ、われわれの顧客だ。(p189)


■この本では、
 そうした広告の技術だけではなく、
 経営者としての見方が参考になります。


 仕事も遊びも同じように楽しめるか。
 情熱を持っているか。
 働き者か。


 成功する人の思考パターンは
 同じようです。


・キャリアの初期にある若者を実績で判断することはできない・・真の経営者はその若者が仕事に情熱を持っているかどうかを見る。それこそ、成功の条件だからだ。(p46)


■80年前も現在も、
 うまくいくひとはうまくいく考え方を
 しているんだな、とわかりました。

 
 いつの時代もうまくいく人はいる。
 そうした人になりたいものです。


 ホプキンスさん、
 よい本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・わたしに勤務時間という概念はなかった。日付が変わる前に仕事が終わったら、それが休日だった・・日曜は最高の仕事日だった。邪魔が入る心配がないからだ(p13)


・世間は役に立つものを仕事と呼び、役に立たないものを遊びと呼ぶ。どちらも同じくらい難しい。どちらも同じくらい楽しむことができる。どちらにも競争があるし、一番になるのは大変だ。私の考えでは、違いは心構えにあるんだ(p22)


・チャンスを握っている人物が選ぶのは倹約家と働き者だ。そして、この選択がしばしば相手の人生を大きく左右するのである(p41)


・世間の大半の人は成功していない。・・・ならば、自分の人生を左右する問題において、多数派の言いなりになる必要はないのではないか(p101)


・広告に関する限り、農民と一週間話をした方が、大学で一年間過ごすより多くを学ぶことができる(p17)


・広告であれ対面販売であれ、サンプルを使わずにものを売ることは難しい(p26)


・市場を独断で判断し、成功した企業がないとは言わない。しかし、五回に四回は失敗した。主婦が求めているものを白髪頭の重役が判断するなど、私には愚の骨頂としか思わない。(p29)


・商品に興味を持っていない相手にサンプルを配るのはやめた。代わりに数千万部の雑誌に広告を掲載し・・クーポン券を付けた。・・クーポン券を切り取ったとすれば、それは広告の内容に関心を持ったからだ。(p157)


▼引用は下記の書籍からです。

広告でいちばん大切なこと
クロード・ホプキンス
翔泳社
売り上げランキング: 56343


【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: