本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「新聞がなくなる日」歌川 令三

2011/04/13本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞がなくなる日

【私の評価】★★☆☆☆(63点)


■2005年に新聞の将来を予想した一冊です。


 現在でも、新聞というものは、
 インターネットと紙のバランスで
 悩んでいるように見えます。


 しかし、インターネットの世界は、
 どんどん広がっています。


 最終的には、すべてが
 インターネットになってしまうかもしれない。


 音楽CDがiTuneでのデータ購入に
 変わってしまったように。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・インターネットは地球を襲った巨大隕石・・・
 第一の仮説 ・・・「紙」新聞はやがて
 「ネット」に呑み込まれる(p28)


・十六世紀のマルティン・ルターの宗教改革、
 あれは何であったのか?・・・
 当時の聖書はすべて筆写で、
 いまの金に換算すれば何百万円もする稀書だった・・・
 坊さんたちは、教会の建設資金を集めるため、
 免罪符という天国行きのニセ切符を販売した・・・
 「坊主」から「聖書」へと、キリスト教における
 支配メディアの改易に成功した。
 あのとき、ゲーテンベルクの活版印刷術が
 なかったらどうなったか。(p56)


・新聞店の年間販売収入は約一兆7500億円、
 これから配達料を差し引いた金額が新聞社の収入となる。
 新聞社は・・・約一兆2000億円の
 販売収入を計上している・・・
 宅配で挙がった新聞の総売り上げに対する
 新聞社と店の分け前は、
 ざっと9500億円対8000億円(p125)


・アメリカの新聞社は、収入の87%が広告だ。
 ・・・日本の新聞社の広告比率は平均すると、
 36%に過ぎない。(p126) 


新聞がなくなる日
歌川 令三
草思社
売り上げランキング: 101562

【私の評価】★★☆☆☆(63点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: