人生を変えるほど感動する本を紹介するサイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「今日は心をみつめる日」衛藤 信之

2011/02/17公開 更新
本のソムリエ
本のソムリエ メルマガ登録[PR]

今日は、心をみつめる日。


【私の評価】★★★☆☆(79点)


要約と感想レビュー

 心理カウンセラーが教える幸せになる方法です。本書が教える基本は、人間は生きているだけで幸福であり、もし不幸なのであれば、それを知らないだけだ、ということです。


 人間の歴史を振り返れば、食べていくだけで精一杯の時代もあったわけで、現代社会のように食べたいときに食べ、毎日お風呂に入り、安く衣服が手に入る現代社会は天国と言えるのでしょう。ただ、それが当たり前になった今、それに気づかないだけなのです。


・「人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ」文豪ドストエフスキーの言葉です(p38)


 そうは言われても「とても幸せとはいえない」という人も多いでしょう。この本では、幸せになるから笑うのではなく、笑うから幸せになる、ということも教えてくれます。心は行動でコントロールできるということです。


 つまり、普通にしていれば、マイナス思考になってしまうのが人間の特性なのです。ですから、自分の意思で幸せな方向に持っていくこと、自分で笑うことで、楽しい雰囲気を作り出すことができるのが人間なのです。


・「笑えない」ことに問題があるのではありません。あなたが「笑おうとしない」ことに問題の本質があるのです。幸せも不幸も外からやってくるのではなく、すべてあなたのがつくり出しているのです。(p126)


 「今日は心をみつめる日」というのはいいタイトルですね。この本を機会に、今の心の中に幸せを見つけたいものです。


 衛藤さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「ない」こと、「不足していること」は、・・・むしろ幸福の種子であり、人が成長するための力となる「のびしろ」だと考えるべきなのです(p17)


・売れないセールスマンは断られるごとに、「おれはダメだ、能なしだ」と落ちこんでしまいますが、売れるセールスマンは断られるごとに、「だんだん成約に近づいている」と考えることができるのです(p21)


・ほんとうの幸福とは到達点でなく、「道のり」にあると知ること(p46)


・闘病中の患者・・・「・・・せめて死ぬときくらいは笑って死にたい。 どうすれば、それが可能でしょうか」・・・「死ぬときなんていわずに、いま笑ってみませんか」(p64)


・そのセミナーには、「人生があと三日しかないと思って遺書を書いてみよう」というプログラムがありました。(p81)


今日は、心をみつめる日。
衛藤信之
サンマーク出版
売り上げランキング: 1865


【私の評価】★★★☆☆(79点)



目次

第1章 ほんとうの幸せについて
第2章 「いま」という瞬間の大切さ
第3章 自分を愛するいちばんの方法
第4章 終わりから見ればわかること


著者経歴

 衛藤信之(えとう のぶゆき)・・・日本メンタルヘルス協会代表。心理カウンセラー。インディアンとの生活経験があり、南カルフォルニアで学んだ人間性中心心理学を基に、日常に役立つ人間関係スキルのオリジナルプログラムを開発。年間約200本の企業講演・社員研修を担当、日本一企業顧問数の多い心理カウンセラー


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。


お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

「今日は心を見つめる日」メルマガを見て、
ものすごく読みたくなりました。

 あまり読まないジャンルの本について
紹介してくれるので、ありがたいです。

 ずっと小説ばかり読んできましたが、
やはり視野を広げるのは大切ですね。

 今後もよい本との出会いを期待しています。
 よろしくお願いします。

コメントする


同じカテゴリーの書籍: