本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方」リチャード・ヴィートー

2010/11/06本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■ハーバード・ビジネス・スクールでの
 マクロ経済学の授業です。


 いかに国家を富ませることができるのか、
 国家経済戦略のあり方を考える一冊でした。


・私が言う「資源」にはインフラ整備、技術、資本、人材の 
 4つが含まれる。
 その管理の責任を持つのは政府である(p268)


■良い例としては、戦後の日本、そして
 日本を手本としたシンガポールを賞賛しています。


 アメリカに敗戦したアジアの島国が、
 世界のGDP2位(今は中国に抜かれて3位)なのですから、
 客観的に見て、奇跡なのでしょう。


・日本の官僚は教育水準も高く聡明で、
 国のために尽力し、しかも正直である点で世界でも
 最もレベルが高いと考えられてきた。
 ところが、過去十数年で
 そうした評価は残念ながらかなり色あせてしまった(p286)


■確かにシンガポールの例を見ると、
 政府の政策が国家の隆盛に影響を与えるのは
 確かだと思います。


 ただ、政府が期待できなければ、
 自分でなんとかするしかありませんね。


 ヴィートーさん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・非常に貧しい派展途上国の国々では、
 人口が50億人にものぼるという問題がある。
 1人当たりの所得が6000~7000ドルになるまで、
 人は自分が汚した場所をきれいにしようとしない
 という研究がある(p24)


・1840年代には、テキサスの独立をめぐる戦争があり、
 米国の勝利により、メキシコは広大な土地と
 そこに眠る資源を奪われた。(p99)
 

・巨額の経常黒字を保有している日本は、
 長年にわたり海外に直接投資をしてきた。・・・
 日本の場合、外資が入ってくるのはとても難しい。
 その額は100億ドル程度で、日本から出ていく
 1000億ドルの10分の1にも満たない。(p226)


ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方
リチャード・ヴィートー 仲條 亮子
徳間書店
売り上げランキング: 777
おすすめ度の平均: 3.5
4 「授業」というよりは、教科書
4 世界経済の概況を知りたい方に
3 普通の現代経済史概論
3 授業の躍動感と仲條氏の貢献が伝わらず残念
4 個人的な書評

【私の評価】★★☆☆☆(65点)



■著者紹介・・・リチャード・ヴィートー

 ハーバード・ビジネス・スクール教授。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: