本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「成功は一日で捨て去れ」柳井 正

(2010年9月24日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)

【私の評価】★★★★★(94点)


■ユニクロ社長の柳井さんの一冊です。


 一時、玉塚さんがユニクロ社長になりましたが、
 当時のユニクロの印象は野菜を売ったり、
 何しているのかな、といったものでした。


 柳井さんが社長復帰してからは元気になったように
 感じましたが、この本を読んでどうして
 柳井社長だとユニクロが元気になるかわかりました。


 柳井社長は、次々と手を打つ人なんですね。


・ぼくは常日頃から会社というものは、
 何も努力せず、何の施策も打たず、
 危機感を持たずに放っておいたらつぶれる、
 と考えている。(p35)


■そして、柳井社長自身が現場を知っていて、
 社長も提案するし、部下にもそれなりの
 仕事を要求している。


 だから、商品開発、サービスなどで、
 次々と新しい動きが出てくるわけです。


 最近だと、店舗サービス、商品デザインに
 力を入れているように感じます。


・現場を誰よりも熟知していますか?
 問題点や回答を現場で見つけていますか?
 現物を手に取って、自分の目の前で商売していますか?
 現物をあらゆる角度から見ていますか?・・・(p25)


■私個人としては、現場で課題を見つけているのか。
 そしてそれに対する打ち手を考えて、実行しているのか。
 と、考えるとまったくできていないのです。


 課題が見えました。


 柳井さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「ここが間違っている。ぼくがやってみせるから、
 あなたたちもこれを見て覚えなさい!」のようなことを
 経営者自らがやらないと、会社は変れない。(p79)


・我々はいまこの仕事に命をかけているのであれば、
 問題点を洗い出し、もっと徹底的にその方策を考えて
 実行すべきである。(p83)


・実験=試行錯誤できることこそが、
 SPAの本当の強みであろう。(p87)


・良い企業であるための条件のひとつは
 「即断、即決、即実行」である。
 あらゆる問題に対し、自分自身の問題と素早く痛切に感じ、
 そのうえで即断、即決、即実行をしていかないと会社の
 存続にとって致命傷になる。(p89)


・ぼくのように思い立ったらすぐに行動を起こすタイプの
 人間だと、一般的に暴走することが多い。・・・
 それを止めたり、諫めたり、スピードダウンさせたりできるのは
 社外役員(取締役・監査役)だけだと思う。(p94)


・経営とは、人間の創意工夫で
 矛盾の解決をすることです(p147)


・経営は常に「砂上の楼閣」と同じである。
 油断して自己点検、自己変革しなくなったら、
 その時点で終わる。(p219)


成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)
成功は一日で捨て去れ (新潮文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 17.02.03
柳井 正
新潮社 (2012-03-28)
売り上げランキング: 35,754

【私の評価】★★★★★(94点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: